岐阜(美濃)の刀剣情報

美濃伝の刀工

文字サイズ

鎌倉時代中期頃に興った日本刀作刀の伝法のひとつ、「美濃伝」は、発祥の地である美濃国(現在の岐阜県南部)が交通の要衝であり、さらには周辺諸国に得意先となる有力武将が多く住んでいたという好条件が重なっていたため、急速な発展を遂げています。そしてその背景には、高い作刀技術を持った優秀な刀工達の存在も欠かせませんでした。そんな美濃伝の名工についてご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する各刀工の作刀についてもご紹介します。

刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しております!
名古屋刀剣博物館 名古屋刀剣ワールド
国宝や重要文化財、重要美術品といった貴重な日本刀などがご覧頂けます。

美濃伝の「関物」と「関七流」

刀工

刀工

5つの地域ごとに生まれた「五箇伝」(ごかでん:五ヵ伝、五ヶ伝)の中で、最後に発祥した伝法「美濃伝」。

合戦が頻発し、日本刀の軍需が爆発的に増加した南北朝時代から戦国時代に、大きな繁栄を見せました。

このような時代背景から、美濃伝には現代の日本刀鑑賞において重視される、品位や見た目の美しさよりも、大量生産が可能であり、激しい実戦に耐え得るだけの丈夫さを持った実用性が求められていたのです。

そんな美濃刀の生産地として、美濃国の中で中心となった地域が武儀郡・関(現在の岐阜県関市)。関の地は、「日本刀中興の祖」と評される名工金重」(きんじゅう)が、本国の越前国・敦賀(現在の福井県敦賀市)から移住して来た場所です。そののちの金重は、「関鍛冶の祖」と言われるほどの活躍を見せるようになり、関で作られた刀、すなわち「関物」(せきもの)は、美濃刀の代名詞と言われるまでに発展しました。

急激なスピードで増加していく刀剣需要に応えるため、効率的に作刀から販売まで行うべく、金重の孫であり、大和国(現在の奈良県)から来住した「兼光」(かねみつ)を中心に、関鍛冶達は、「鍛冶座」と称した自治組合を結成。

この組合には、関鍛冶のなかでも特に技量の高かった、①「善定派」(よしさだは)②「室屋派」(むろやは)③「良賢派」(よしたかは)④「奈良派」(ならは)⑤「得永派」(とくながは)⑥「三阿弥派」(さんあみは)⑦「得印派」(えじるしは)という7つの流派、「関七流」(せきしちりゅう)も属していました。

関鍛冶達は、関七流を形成することで互いに切磋琢磨し、自身の作刀技術を高めることに尽力していたのです。

五箇伝の名工
刀剣の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
美濃伝の刀剣 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。

美濃伝の著名な刀工5選

関鍛冶からは、前述した関七流・善定派の祖である「兼吉」(かねよし)や、同じく三阿弥派の「孫六兼元」(まごろくかねもと)など、刀工名に「兼」の字を冠した多くの名工が世に送り出されていました。そんな関鍛冶を始めとする、美濃伝の代表的な5名の名匠について解説します。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。
現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

志津三郎兼氏(しづさぶろうかねうじ)

志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)は、もとは大和国において、「手掻派」(てがいは)一門に属していた南北朝時代前期の名工。大和での初の表記は、同音で「包氏」(かねうじ)としていました。「大和伝」を習得したあと、美濃国の多岐荘志津郷(現在の岐阜県海津市南濃町)に移住したことをきっかけに、刀工名を志津三郎兼氏に改称。

志津の地を拠点として作刀活動を行ったのち、相模国(現在の神奈川県)へ移り、「相州伝」を完成させた著名な刀工「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)の門弟となります。

志津三郎兼氏は、五郎入道正宗のもとで作刀を学んでいた数多くの門弟の中でも、特に優秀であった10人である「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられており、在銘作はほとんどありませんが、名品が多いことから古来珍重されており、美濃伝に相州伝を加味した作風を得意としていました。

刀 無銘 伝志津(重要美術品)
刀 無銘 伝志津(重要美術品)
鑑定区分
刃長
73.3
所蔵・伝来
土岐頼芸
(ときよりのり)→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

直江志津(なおえしづ)

「直江志津」(なおえしづ)は南北朝時代、志津三郎兼氏一門が、美濃国・直江村に移住したことがきっかけとなって誕生した流派です。その開祖には諸説あり、志津三郎兼氏の弟であった「兼俊」(かねとし)であったとも、志津三郎兼氏が大和にいた頃の門弟、「兼友」(かねとも)であったとも伝えられています。

その作風は、地鉄(じがね)が柾目(まさめ)交じりの板目肌(いためはだ)、刃文については、湾れ互の目(のたれぐのめ)に尖り刃(とがりば)が交じるところが特徴です。

刀 無銘 直江志津(梶金平勝忠所持)
刀 無銘 直江志津(梶金平勝忠所持)
鑑定区分
刃長
68.2
所蔵・伝来
服部正成
梶金平勝忠 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

金重(きんじゅう)

金重は、志津三郎兼氏と共に美濃伝の事実上の始祖であったと伝えられている南北朝時代初期の刀工です。もとは僧侶であったと伝えられる金重は、61歳の頃に言わずと知れた名工・正宗のもとへ入門。志津三郎兼氏と同様に、正宗十哲のひとりに挙げられるほどの頭角を現し、そのあとは前述の通り、関の地に来住。関鍛冶の基盤を作り上げました。

金重の作風には、地鉄が黒ずむなどの特徴があり、これには本国の越前国(現在の福井県北東部)を含む、北国気質が反映されていることが窺えます。

短刀 銘 金重
短刀 銘 金重
金重
鑑定区分
重要刀剣
刃長
28.5
所蔵・伝来
曽我仲祐 →
徳川家
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

兼定(かねさだ)

兼定」(かねさだ)は室町時代中期から後期頃に、関の地で活躍した刀工集団。関七流「奈良太郎」の系譜を継ぐ一門です。

「初代・兼定」は、関七流・三阿弥派「兼則」(かねのり)の子であった「兼長」(かねなが)のもとで作刀技術を学んでいます。また、兼定一門の中でも、特に高い評価を得ていた初代・兼定の子と孫が同銘を用いており、彼らと区別するために、初代・兼定は、通称「親兼定」(おやかねさだ)とも呼ばれているのです。

2代・兼定」は当初、父と同じく通常の兼定を銘に刻んでいましたが、1501~1502年(明応10年~文亀2年)頃より、「定」の字をうかんむりの下に「之」(の)の字を書く表記に変更したことから、「之定」(のさだ)と呼ばれるようになります。そののち、2代・兼定は、1511年(永正8年)に「和泉守」(いずみのかみ)を受領。その作刀の切れ味は抜群で、「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)に列せられるほどでした。

なお、「3代・兼定」の銘字は、「定」の字から、うかんむりの下に「疋」(ひき)の字を書く表記に改めていたため、「疋定」(ひきさだ)と通称されています。

薙刀 銘 和泉守兼定作
薙刀 銘 和泉守兼定作
和泉守兼定作
鑑定区分
重要刀剣
刃長
61
所蔵・伝来
京極高次
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

孫六兼元(まごろくかねもと)

孫六兼元は、室町時代後期に作刀活動を行っていた、関七流・三阿弥派の「兼元」(かねもと)一門の中で、最も高い技術力を持っていたと評される「2代・兼元」のことを言います。

同派の「兼国」(かねくに)の末裔であったと伝わる孫六兼元は、2代・兼定である和泉守兼定と共に関鍛冶の発展に貢献。実力の高さはもちろんのこと、人気や知名度の点においても、両者で二分していました。

孫六兼元の作風における最も顕著な特徴は、刃文に現れる「三本杉」(さんぼんすぎ)の互の目乱れ(ぐのめみだれ)。この名称は、背丈が異なる頭の尖った互の目が、3本をひとつとして規則的に並んでいる様を杉林に見立てたことから付けられています。

この三本杉は、古刀期の美濃鍛冶のみならず、新刀期における美濃鍛冶の作刀にも見られる刃文です。

刀 銘 兼元
刀 銘 兼元
兼元
鑑定区分
重要刀剣
刃長
75.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

美濃伝の刀工

美濃伝の刀工をSNSでシェアする

「岐阜(美濃)の刀剣情報」の記事を読む


美濃伝について

美濃伝について
日本の5つの地域に伝わる鍛刀法は「五箇伝」(ごかでん:五ヵ伝、五ヶ伝)と称され、そのなかでも「美濃伝」は、鎌倉時代中期以降に美濃国(現在の岐阜県南部)で発祥した、最も新しい日本刀作刀の伝法です。「日本刀の代名詞」と評されるほどの名刀を多数作った「備前伝」と共に、古刀期における二大伝法のひとつに数えられる美濃伝について、その発祥と繁栄の経緯をご説明します。

美濃伝について

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(きりんがくる)のヒットなどにより、「明智光秀」ゆかりの地として、戦国武将や日本史ファンなど多くの観光客が訪れている岐阜県。この地では、鎌倉時代中期以降、「美濃伝」と称される日本刀作刀の伝法が発達し、操作性と切れ味の良さをかね備えた実用的な刀剣として、様々な戦国武将達に「美濃刀」が重用されていました。「日本刀の名産地」である岐阜県において、博物館や神社などが所蔵している「国宝」や「重要文化財」指定の刀剣、すなわち、国から名刀であることを認められた刀剣についてご紹介します。

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館
日本刀の「五箇伝」のひとつ、「美濃伝」の本拠地であり「刃物のまち」として知られている岐阜県関市にある「関鍛冶伝承館」は、鎌倉時代から受け継がれる「関鍛冶」の技を今に伝える施設です。1階には関鍛冶を代表する刀工「兼元」・「兼定」をはじめとする刀工によって作られた日本刀や、その製造工程・歴史に関する様々な資料を展示。2階には、関鍛冶以来伝承されている刃物作りの技術を応用した近現代の刃物産業製品などの展示が行なわれています。

関鍛冶伝承館

岐阜関ケ原古戦場記念館

岐阜関ケ原古戦場記念館
「岐阜関ケ原古戦場記念館」は、1600年(慶長5年)に起きた天下分け目の合戦と謳われる「関ヶ原の戦い」を誰にでも分かりやすく解説することを目的とした体験型施設です。2020年(令和2年)、関ヶ原の戦いの古戦場である岐阜県不破郡関ヶ原町にオープン。関ヶ原の戦いに至るまでの歴史的背景を映像化し、床面スクリーンで観賞する「グラウンドビジョン」や、再現映像で関ヶ原の戦いを体験する「シアター」、合戦と同時代に使用されていた刀剣を始めとする武具や古文書の常設展示など、見どころ盛りだくさんの施設となっています。

岐阜関ケ原古戦場記念館