三重(桑名)の刀剣情報

三重・桑名の刀工 日本刀

文字サイズ

日本刀は、主に5つの地域によって「大和伝」・「山城伝」・「備前伝」・「相州伝」・「美濃伝」に分類することができ、これらをまとめて「五箇伝」と総称します。それぞれ機能美や典雅さ、豪壮さなど特色を持ち、地域ごとに鍛刀の方法にも違いがありました。現在の三重県は五箇伝に含まれる地域ではありませんが、著名な刀工を輩出しています。妖刀伝説で名を残した「村正」(むらまさ)や、伊勢国(現在の三重県)の藤堂家お抱え鍛冶である「和泉守兼重」(いずみのかみかねしげ)など多くの刀工がいるのです。三重県桑名の刀工が必要とされた理由と刀工達について解説します。

著名刀工名鑑著名刀工名鑑
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

三重・桑名で刀工が必要とされた背景

伊勢国(現在の三重県)は、古来より人々に敬われてきた「伊勢神宮」(三重県伊勢市)を擁していたことから、他国からの侵略を受けにくい平和な土地でした。こうした理由から、武士も少なく戦に必要な武器である刀剣類を作る鍛冶もほとんどいなかったのです。

しかし「応仁の乱」による室町幕府の権威低下や、領地を治める守護大名に代わって戦国大名が台頭する戦国時代へ変遷する頃。伊勢国の大名・長野氏や北畠氏が勢力を広げようと戦を起こし、さらには「織田信長」の伊勢侵攻の勃発などにより、必然的に刀鍛冶が必要とされるようになっていきました。

三重・桑名の著名な刀工6選

三重・桑名における著名な刀工と言えば、妖刀伝説で知られる「村正」(むらまさ)一派が室町時代に興り、続いて「五箇伝」(五ヵ伝、五ヶ伝)のひとつ「大和伝」系の「雲林院派」(うじいは)が移住。江戸時代初期の新刀期と呼ばれる年代になる頃には「美濃伝」、「備前伝」の鍛冶が出張作刀を行うようになりました。三重県と桑名で活動した代表的な刀工について解説します。

五箇伝の名工
日本刀(刀剣)の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

初代・村正

初代「村正」(むらまさ)は室町時代に活躍した刀工で、通称「千子村正」(せんごむらまさ)と言う刀工一派「千子派」(せんごは)の創始者です。生まれは伊勢国桑名郷(現在の三重県桑名市)で、村正の母が千手観音を信仰していたことから、自らを千手観音の申し子だとして「千子」の姓を名乗ったと伝わります。

また村正と言えば、徳川家に災いをもたらす妖刀として「徳川家康」が忌み嫌った日本刀であることでも有名です。しかし、桑名からも近い三河地方の武士を中心に、徳川家康やその重臣らに愛用された優品であったことも真実。村正は当時から五箇伝のひとつ「相州伝」の伝法を確立した「正宗」と並び称されるほど知名度の高い刀工のひとりであり、最も素晴らしいとされたのが、そのすさまじい切れ味だったと言います。

たなご腹の茎

たなご腹の茎

そして、美濃伝と相州伝を加味した作柄は、刀身の反りが少なく、(しのぎ)が高くしっかりとしていることなどから、「よく斬れる」と分かる作風。特徴的な出来栄えとしては、「」(なかご)が「たなご腹」と呼ばれる魚の腹のように茎の中程から茎先に向かって細くなる形をしており、これのことを村正作品の場合は「村正茎」(むらまさなかご)とも言います。

また、「村正刃/千子刃」(むらまさば/せんごば)と呼ぶ刀身に表裏まったく同じ刃文(はもん)を入れることを得意としました。村正刃/千子刃は、初代村正の弟子達も好んで入れたことから、千子派固有の特徴となっています。

刀 銘 村正(天正頃)
刀 銘 村正(天正頃)
村正
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
64.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

雲林院派・包長

雲林院派は、伊勢国安濃郡雲林院村(現在の三重県津市)大和伝の刀工集団「手掻派」(てがいは)の流れを汲む刀工です。雲林院派の創始者と言われる「包真」(かねざね)が、伊勢国の豪族・北畠氏に招かれ「包長」らと共に移住。そして時代が進んだ1501年(文亀元年)になる頃には、包長は目覚ましい活躍を見せるようになりました。

雲林院派は、よりも短刀の作品が多く残るのです。そして、手掻派に似て(にえ)本位の直刃(すぐは)を得意として、その他には平地(ひらじ)・鎬地(しのぎじ)・(むね)の各部にまで焼き入れを行う皆焼(ひたつら)なども残っています。

和泉守兼重

「和泉守兼重」(いずみのかみかねしげ)は、江戸時代前期に活躍した刀工で、「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)の師匠としても名高い人物です。越前国(現在の福井県北東部)に生まれ、寛永年間(1624~1644年)の初め頃に江戸に出て、伊勢国津藩(現在の三重県)・藤堂家のお抱え鍛冶となりました。

その際の逸話に、剣豪「宮本武蔵」(みやもとむさし)と知己であったことから、宮本武蔵の口添えを得て藤堂家に仕えるようになったとも伝わります。そうしたつながりを示すように、宮本武蔵の愛刀である大小2振には「和泉守藤原兼重」のが入っていたと言われていますが、現在はどちらも所在不明です。

また、和泉守兼重の作刀には、試刀家である「山野加右衛門永久」や「山野勘十郎久英」(やまのかんじゅうろうひさひで)親子による「試し銘」(ためしめい)の作品が多く残ります。試し銘とは、刀剣による試し斬りの評価を「金象嵌」(きんぞうがん)などで銘に刻んだ物のことです。このことから和泉守兼重は、試し銘を継続的に行った第一人者であると言われています。

作柄については、形状は反りが浅く、刃文は沸本位の直刃や互の目乱れ(ぐのめみだれ)が見られる作り。または、美濃伝風の尖り刃の交じる湾れ(のたれ)を焼きます。鍛えは、刀工・初代「越前康継」(えちぜんやすつぐ)とも親しくしていたことから、初代・越前康継の作風にも似た「小板目肌」(こいためはだ)に、「柾目肌」(まさめはだ)の交じる肌合いです。銘は和泉守藤原兼重、「和泉大掾藤原兼重」、「上総介兼重」と入れました。

初代・石見守国助

初代「石見守国助」(いわみのかみくにすけ)は、同時代の刀工である初代「河内守国助」(かわちのかみくにすけ)の弟であり、共に京都で刀工「堀川国広」(ほりかわくにひろ)に学んでいました。学び終えた石見守国助は、兄と共に堺(現在の大阪府)で作刀を開始。のちに石見守国助のみ、故郷の伊勢国神戸(現在の三重県鈴鹿市神戸)に戻り作刀をはじめます。

鑢目の入った茎

鑢目の入った茎

石見守国助の使った銘の種類について、堺にいた頃は「石見大掾藤原国助」として、伊勢神戸に戻ってからは「勢州神戸住石見守藤原国助」などを刻みました。

また作柄についても、堀川国広門下の茎は棟側の鑢目(やすりめ:茎に施された文様)が少し下がった状態の「勝手下り鑢」(かってくだりやすり)になることが多いと伝わります。

しかし石見守国助の場合、初期の作刀では鑢目が平地と鎬地まで「切鑢」(きりやすり)となる作風です。さらに伊勢国神戸に戻ってからの作刀では、平地を切鑢とし、鎬地の方を勝手下り鑢にするという、他に類を見ない作風となりました。

陸奥守歳長

初代「陸奥守歳長」(むつのかみとしなが)は、阿波国徳島(現在の徳島県徳島市)の出身で、京都の堀川国広のもとで鍛刀技術を習得。のちに「陸奥守」を受領し伊勢国に移住し、津藩の藤堂家に仕え、そのお抱え鍛冶として腕をふるいます。

作柄は、堀川国広から学んだ「山城伝」の品格ある姿に、刃文は直刃と覇気のある沸本位の互の目(ぐのめ)や丁子乱(ちょうじみだれ)を焼くのが特徴。銘は、「洛陽一条堀川住陸奥守歳長」や「陸奥守藤原歳長」と切ります。

刀 銘 陸奥守藤原歳長
刀 銘 陸奥守藤原歳長
陸奥守藤原歳長
鑑定区分
未鑑定
刃長
72.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

廣房

伊勢国桑名に住んでいた刀工に「廣房」(ひろふさ)という人物がいます。廣房は、「陸奥守大道」(むつのかみだいどう/むつのかみおおみち)一門で、9代目大道の弟「三品広道」(みしなひろみち)の長男です。

大道一門は、備前伝や相州伝などの作風を持つ技量の高い一門でもありました。鍛肌(きたえはだ)についても、沸や(におい)が深く、刃文は互の目乱れが多いなど作域が広いのも特徴。銘は「勢州桑名住義朋斎三品広房」や「義面斎三品半兵衛広房」と切りました。

刀 銘 勢州桑名住義明斎三品廣房作 慶應三年二月日 以多度斎火鍛之
刀 銘 勢州桑名住義明斎三品廣房作 慶應三年二月日 以多度斎火鍛之
勢州桑名住
義明斎
三品廣房作
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
70.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
名古屋刀剣博物館 名古屋刀剣ワールド
国宝や重要文化財、重要美術品といった貴重な日本刀などがご覧頂けます。
刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しております!

三重・桑名の刀工 日本刀

三重・桑名の刀工 日本刀をSNSでシェアする

「三重(桑名)の刀剣情報」の記事を読む


三重県にある重要文化財の刀剣

三重県にある重要文化財の刀剣
三重県は、江戸時代に流行したお伊勢参りにはじまり、世界遺産の「熊野古道」、伊賀地方の忍者伝説など観光資源が盛りだくさん。そして重要文化財などに指定された歴史的にも芸術性の高い建造物や工芸品、古典籍なども勢揃いです。そんな三重県にある重要文化財に指定された刀剣についてご紹介します。

三重県にある重要文化財の刀剣

桑名の刀工 村正とは

桑名の刀工 村正とは
日本刀は短い物でも数十年、長くなれば数百年もの歴史を持ち、怪異や伝説を持つ日本刀も少なくありません。鬼を斬った、稲妻を切り裂いた、狐が憑いているなど、不可思議な伝説が多いほど人々は日本刀の虜になります。なかでも妖刀伝説として最も有名な日本刀が「村正」(むらまさ)ではないでしょうか。村正の打つ日本刀は、廉価でありながら非常に斬れ味が優れ実戦に向いていることから、当時の「現代刀」では最高品質を誇っていたと言います。村正の住んだ伊勢国(現在の三重県北中部)から近い三河国(現在の愛知県東部)の武士達からも重宝されており、「徳川家康」もそのひとりでした。しかし、のちに村正が徳川家を祟ったと考えられ、江戸時代になる頃には徳川家康は村正を所持することを憚るようになっていきます。このような不思議な刀を打つ村正一派のご紹介と、徳川家にまつわる「村正妖刀伝説」について追っていきましょう。

桑名の刀工 村正とは

刀剣がある三重・桑名の神社仏閣

刀剣がある三重・桑名の神社仏閣
現在、刀剣と言えば刀剣愛好家や刀剣女子達から多くの関心を寄せられ、美術品として鑑賞される物です。武器として活用された時代には、名将の愛刀であったことや、伝説を残した名刀など数々の逸話を持ちます。そんな刀剣がもたらされた弥生時代から古墳時代、刀剣は美術品や武器としての価値としてよりも、神への供物や、あるいは神そのものとして尊ばれてきました。こうした慣習が連綿と受け継がれ、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺に刀剣を奉納する文化が根付いています。「伊勢神宮」をはじめ、三重県の神社や寺のご紹介と共に、奉納された日本刀について見ていきましょう。

刀剣がある三重・桑名の神社仏閣

桑名市博物館

桑名市博物館
桑名市立博物館は、1971年(昭和46年)に「桑名市立文化美術館」として産声を上げました。1985年(昭和60年)に増築され、三重県初の市立博物館となる「桑名市博物館」としてリニューアル。江戸時代に老中として「寛政の改革」を行なった「松平定信」(まつだいらさだのぶ)に関連する史料や、桑名出身の豪商「沼波弄山」(ぬなみろうざん)を始祖とする「古萬古」(こばんこ)、「萬古焼」(ばんこやき)に加え、地元の民俗資料や桑名に関連した浮世絵など市民の方々が寄贈された作品を中心に収蔵・展示しており、桑名の歴史を学ぶことができる博物館です。

桑名市博物館