岐阜(美濃)の刀剣情報

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀

文字サイズ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(きりんがくる)のヒットなどにより、「明智光秀」ゆかりの地として、戦国武将や日本史ファンなど多くの観光客が訪れている岐阜県。この地では、鎌倉時代中期以降、「美濃伝」と称される日本刀作刀の伝法が発達し、操作性と切れ味の良さをかね備えた実用的な刀剣として、様々な戦国武将達に「美濃刀」が重用されていました。「日本刀の名産地」である岐阜県において、博物館や神社などが所蔵している「国宝」や「重要文化財」指定の刀剣、すなわち、国から名刀であることを認められた刀剣についてご紹介します。

刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀
日本刀が奉納・展示されている主な神社・仏閣や宝物館などを一覧でご紹介。
著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。
刀剣展示 博物館の日本刀
全国の博物館・美術館に展示されている日本刀を一覧でご覧頂けます。
旅探 博物館・美術館
旅探は、日本全国にある博物館・美術館の情報が満載です!

太刀 銘 康次(光ミュージアム 所蔵)

太刀 康次」は、平安時代後期から南北朝時代にかけて、備中国・青江(あおえ:現在の岡山県倉敷市)で作刀活動を行った、「青江派」の刀工「康次」(やすつぐ)が手掛けた1振です。鎌倉時代に作刀されたと推測され、同派のなかでも「古青江」(こあおえ)に分類されています。

この太刀におけるいちばんの特長は、他の青江派の刀工が作った太刀に比べて、その刀身が非常に長いこと。身幅(みはば)が広く、その姿からは豪壮な雰囲気が醸し出されています。また、(なかご)付近の表側に配された「不動明王」(ふどうみょうおう)と「倶利伽羅龍」(くりからりゅう)、そして同じく裏側にある「大日如来」(だいにちにょらい)と「素剣」(すけん)の刀身彫刻は、後世になってから付け加えられました。

もともとは、室町幕府15代将軍「足利義昭」(あしかがよしあき)が所持していた日本刀でしたが、「織田信長」と対立していたため自身の味方を増やすことを目的に、薩摩国(現在の鹿児島県西部)の守護大名「島津義久」(しまづよしひさ)に贈ったと言われています。

1955年(昭和30年)、国宝に指定されたこちらの太刀は、「光ミュージアム」(ひかるミュージアム:岐阜県高山市)所蔵の作品。しかし、保護の観点から通年展示はされていないため、特別展などの情報をこまめにチェックしておきましょう。

太刀 銘 康次
太刀 銘 康次
康次
時代
鎌倉時代
鑑定区分
国宝
所蔵・伝来
足利義昭 →
島津義久 →
島津家 →
宗教法人崇教真光

太刀 銘 了戒(光ミュージアム 所蔵)

「太刀 銘 了戒」を作刀した「了戒」(りょうかい)は、鎌倉時代後期に、山城国(現在の京都府南部)で活躍した刀工です。「山城伝」における「来派」(らいは)の巨匠、「来国俊」(らいくにとし:二字国俊)の子であったと伝わる同工は、出家したのちに父のもとで作刀技術を学んだ「僧門鍛冶」であったため、その銘(めい)には、法名である了戒が切られていました。

了戒の作風は、地沸(じにえ)が厚く付いて、白く輝く美しい地鉄(じがね)であることが最大の特長。また、その鍛えには、小板目肌(こいためはだ)に柾目(まさめ)が交じっています。

了戒は、来派のなかでも上位と評される名工であり、1953年(昭和28年)に、重要文化財の指定を受けたこちらの太刀は、前述した「太刀 銘 康次」と同様に、光ミュージアムにて所蔵されている名刀です。

太刀 銘 了戒
太刀 銘 了戒
了戒
時代
鎌倉時代
鑑定区分
重要文化財
所蔵・伝来
宗教法人崇教真光
現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

太刀 銘 備前国長船住近景(神明神社 所蔵)

「太刀 銘 備前国長船住近景」は、「名刀の代名詞」と評される「備前伝」のなかでも、秀逸な技術を誇る一門、「長船派」(おさふねは)の刀工「近景」(ちかかげ)による作刀です。

鎌倉時代後期より作刀活動を始めた近景は、一説には、古刀期の刀工の中で、現在まで残る在銘作が最も多いとされる、名工「長光」(ながみつ)の子と伝えられています。長光の門下に入った近景自身も、師の代作代銘を務めるほどの高い技術力を持っていたと言われる名工でした。

近景の作風は、映り(うつり)が鮮明に立ち、鋒/切先(きっさき)にある刃文帽子」については、師の長光と「景光」(かげみつ)、そして「真長」(さねなが)の3人が得意としていた、浅くたるんで小丸(こまる)に返る「三作帽子」(さんさくぼうし)がよく見られます。

地刃共に健全な姿のままで遺されている(のこされている)こちらの太刀は、美濃国・苗木藩(なえぎはん:現在の岐阜県中津川市)の9代藩主「遠山友清」(とおやまともきよ)が、同じ地域に鎮座する「神明神社」(しんめいじんじゃ)へ寄進した1振。

1774年(安永3年)に、同社に贈った旨を記載した寄進状も遺されており、1928年(昭和3年)に重要文化財の指定を受けたこちらのは、苗木領、及び「遠山家」に関連する資料や文化遺産を保存・展示する、「中津川市苗木遠山史料館」(なかつがわしなえぎとおやましりょうかん:岐阜県中津川市)にて保管されています。

太刀 銘 備前国長船住近景
太刀 銘 備前国長船住近景
備前国長船住
近景
時代
鎌倉時代
鑑定区分
重要文化財
所蔵・伝来
遠山友清 →
神明神社

太刀 銘 景依造(伊奈波神社 所蔵)

「太刀 銘 景依造」は、備前国の刀工「景依」(かげより)が鍛えた日本刀です。平安時代中期頃に興った「古備前派」(こびぜんは)や、鎌倉時代後期の長船派のなかに、同じ名を用いていた刀工が複数いたと伝えられています。それぞれの銘は、こちらの太刀のように景依の二字銘であったり、官名を冠した「左近将監景依」(さこんのしょうげんかげより)であったりなど、様々です。

こちらの太刀の作風は、地沸が付いて乱映り(みだれうつり)が立ち、刃文は細直刃(ほそすぐは)に、わずかながら小乱(こみだれ)ごころが窺えるなど、景依の典型作になっています。

伊奈波神社

伊奈波神社

もともとこちらは、1933年(昭和8年)に執り行われた「伊奈波神社」(いなばじんじゃ:岐阜県岐阜市)の「本殿遷座祭」(ほんでんせんざさい)において奉納された1振。

1942年(昭和17年)、重要文化財に指定されたのち、1970年(昭和45年)より「東京国立博物館」(東京都台東区)に寄託されました。

そののち、1986年(昭和61年)に「岐阜市歴史博物館」(岐阜県岐阜市)で展示され、これ以降は同館にて保管されています。

太刀 銘 景依造
景依造
時代
鎌倉時代
鑑定区分
重要文化財
所蔵・伝来
伊奈波神社
東京国立博物館の特集コンテンツ
刀剣をはじめ貴重なコレクションが豊富な国内で最も長い歴史をもつ博物館をご紹介します。

太刀 銘 吉則(榊山神社 所蔵)

「太刀 銘 吉則」は、鎌倉時代後期から南北朝時代の刀工「三条吉則」(さんじょうよしのり)が鍛えた日本刀です。三条吉則は、山城伝の一門「三条派」(さんじょうは)に属しており、同伝を代表する名工のひとり。「高山右近」(たかやまうこん)の差料(さしりょう:腰に差すための日本刀)も同工の作刀であったことが伝えられています。

榊山神社

榊山神社

「吉則の太刀」とも称されるこちらの太刀は、苗木藩12代藩主「遠山友禄」(とおやまともよし)より、「榊山神社」(さかきやまじんじゃ:岐阜県中津川市)へ寄進され、そののち同社が所蔵。

1928年(昭和3年)に重要文化財の指定を受け、2007年(平成19年)に、寄託していた東京国立博物館から中津川市苗木遠山史料館へ移され、同館にて保管されています。

三条吉則による作刀はほとんど現存しておらず、同工の在銘作で重要文化財に指定されている太刀は、こちらの1振のみ。そう言った意味でもこの太刀は、非常に貴重な日本刀であると言えます。

太刀 銘 吉則
吉則
時代
鎌倉時代
鑑定区分
重要文化財
所蔵・伝来
榊山神社

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀をSNSでシェアする

「岐阜(美濃)の刀剣情報」の記事を読む


美濃伝について

美濃伝について
日本の5つの地域に伝わる鍛刀法は「五箇伝」(ごかでん:五ヵ伝、五ヶ伝)と称され、そのなかでも「美濃伝」は、鎌倉時代中期以降に美濃国(現在の岐阜県南部)で発祥した、最も新しい日本刀作刀の伝法です。「日本刀の代名詞」と評されるほどの名刀を多数作った「備前伝」と共に、古刀期における二大伝法のひとつに数えられる美濃伝について、その発祥と繁栄の経緯をご説明します。

美濃伝について

美濃伝の刀工

美濃伝の刀工
鎌倉時代中期頃に興った日本刀作刀の伝法のひとつ、「美濃伝」は、発祥の地である美濃国(現在の岐阜県南部)が交通の要衝であり、さらには周辺諸国に得意先となる有力武将が多く住んでいたという好条件が重なっていたため、急速な発展を遂げています。そしてその背景には、高い作刀技術を持った優秀な刀工達の存在も欠かせませんでした。そんな美濃伝の名工についてご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する各刀工の作刀についてもご紹介します。

美濃伝の刀工

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館
日本刀の「五箇伝」のひとつ、「美濃伝」の本拠地であり「刃物のまち」として知られている岐阜県関市にある「関鍛冶伝承館」は、鎌倉時代から受け継がれる「関鍛冶」の技を今に伝える施設です。1階には関鍛冶を代表する刀工「兼元」・「兼定」をはじめとする刀工によって作られた日本刀や、その製造工程・歴史に関する様々な資料を展示。2階には、関鍛冶以来伝承されている刃物作りの技術を応用した近現代の刃物産業製品などの展示が行なわれています。

関鍛冶伝承館

岐阜関ケ原古戦場記念館

岐阜関ケ原古戦場記念館
「岐阜関ケ原古戦場記念館」は、1600年(慶長5年)に起きた天下分け目の合戦と謳われる「関ヶ原の戦い」を誰にでも分かりやすく解説することを目的とした体験型施設です。2020年(令和2年)、関ヶ原の戦いの古戦場である岐阜県不破郡関ヶ原町にオープン。関ヶ原の戦いに至るまでの歴史的背景を映像化し、床面スクリーンで観賞する「グラウンドビジョン」や、再現映像で関ヶ原の戦いを体験する「シアター」、合戦と同時代に使用されていた刀剣を始めとする武具や古文書の常設展示など、見どころ盛りだくさんの施設となっています。

岐阜関ケ原古戦場記念館