岐阜(美濃)の刀剣情報

美濃伝について

文字サイズ

日本の5つの地域に伝わる鍛刀法は「五箇伝」(ごかでん:五ヵ伝、五ヶ伝)と称され、そのなかでも「美濃伝」は、鎌倉時代中期以降に美濃国(現在の岐阜県南部)で発祥した、最も新しい日本刀作刀の伝法です。「日本刀の代名詞」と評されるほどの名刀を多数作った「備前伝」と共に、古刀期における二大伝法のひとつに数えられる美濃伝について、その発祥と繁栄の経緯をご説明します。

美濃伝 関市美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。

美濃伝の始まり

美濃国で興った「美濃伝」ですが、もともとの起源は、同国出身の刀工によるものではありませんでした。美濃伝の始まりは、大和国(現在の奈良県)にあった「東大寺」(現在の奈良県奈良市)の末寺「千手院」(せんじゅいん)に属していた刀工「重弘」(しげひろ)が、美濃国・赤坂(現在の岐阜県大垣市)に移住してきたことがそのきっかけ。

後鳥羽上皇

後鳥羽上皇

大和伝」の刀工であった重弘は、鎌倉時代前期、自身でも好んで日本刀作刀を行っていた「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)が、全国各地から日本刀の名工を招集し、月ごとの当番制で刀剣を作らせていた制度「御番鍛冶」(ごばんかじ)に選ばれたひとりでした。

御番鍛冶として、作刀に励んでいた重弘でしたが、流刑に処されて赤坂の地に移ることに。

これを機に重弘は、刀工名を「泉水」(せんすい)に改称し、いわゆる「赤坂鍛冶」を興したと言われているのです。しかし、赤坂鍛冶の系譜を継ぐ刀工の作品などは、ほとんど現存していません。

こう言ったことから現代においては、南北時代前期にあたる建武年間(1334~1338年)頃に、大和国から美濃国の多芸郡志津郷(たぎぐんしづごう:現在の岐阜県海津市)に移住して来た「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)や、南北朝時代中期の貞治年間(1362~1368年)に、越前国・敦賀(現在の福井県敦賀市)から美濃国・関(現在の岐阜県関市)へ来住した「金重」(きんじゅう)が、美濃伝の実質的な始祖であったと推測されているのです。

なお、兼氏と金重は、「日本刀中興の祖」と評され、「相州伝」を完成させたとされる名工「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)の門人で、両者は、数多くいた正宗の門弟のなかでも、特に優秀であった10人である、「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられるほどの高い技量の持ち主だったのです。そのため、美濃伝には相州伝の伝法も加味されていると考えられています。

美濃鍛冶が果たした役割とは

足利尊氏

足利尊氏

南北朝時代における兼氏や金重らの移住により、その礎が築かれた美濃伝。

備前伝」に次ぐほどの繁栄を見せた背景のひとつには、鎌倉幕府の討幕や、96代天皇「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)と室町幕府初代将軍「足利尊氏」(あしかがたかうじ)が対立し、内乱が勃発したことが挙げられます。特に南北両朝の内乱は、約60年間もの長きに亘って続きました。

このように、日本国内での合戦が増えたことに伴い、武器としての刀剣の需要が一気に増加。この需要に応えるために、美濃伝は短い期間でその鍛刀法が確立され、隆盛を極めていくことになります。

その要因は、前述したように、兼氏や金重といった名工達が美濃国に来住してきたことで、高い作刀の技術力が美濃国の刀工達に受け継がれていったのはもちろん、南北朝の内乱が京都を中心に起きていたため、美濃国がその戦乱による直接的な被害を受けなかったことも挙げられるのです。美濃国は言わば、合戦が続く日本国内における「軍需工場」。その役割を果たしたことにより、美濃伝は大きな発展を遂げたと言えます。

しかし1392年(元中9年)、南北朝が統一されて平穏な世が訪れると、それまでに見られていたような美濃鍛冶の勢いは徐々に収まっていくことに。ところが、戦国時代に入り、合戦の機会が爆発的に増加すると、美濃鍛冶の勢力は南北朝時代以上に増大していきます。

その理由は、美濃国内とその周辺諸国に名立たる豪族や武将達が大勢いたこと。例えば美濃国の「斎藤家」や「土岐家」(ときけ)、尾張国(現在の愛知県西部)の「織田家」、三河国(現在の愛知県東部)の「徳川家」や駿河国(現在の静岡県中部、北東部)の「今川家」など、戦国時代を語る上で欠かすことのできない豪傑武将達が、美濃鍛冶の主要な取引先となっていたのです。

美濃鍛冶において、大和国から関の地へ移住して来た刀工「兼光」(かねみつ)が始祖となった「関鍛冶」は、その作刀の切れ味や操作性の良さが武将達の間で評判を呼び、全国一とも言える500余名の刀工がいたのにもかかわらず、捌き切れない(さばききれない)ほどの注文が殺到していたと言われています。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

美濃伝完成の陰に「地の利」あり

美濃伝

美濃伝

美濃伝が飛躍的な発展を見せたのは、戦国時代における軍需工場としての役割のほかにも、いわゆる「地の利」を得ていたことも大きな理由のひとつで、具体的には美濃国が交通や経済の要衝となっていたこと。

もともと、当時の日本国内における往来や物資などの移動には、京都→大和→伊勢(現在の三重県北中部)→尾張→東国→奥州(現在の東北地方北西部)を通過するルートが標準でした。

しかし、新東海道の開発に伴い、京都→美濃→尾張→東国というルートが新たに整えられ、美濃国が流通や経済活動の重要な中継地点となったことで、美濃鍛冶による作刀の需要が大幅に増加したのです。

また、このように地の利を得た美濃鍛冶のなかでも、関鍛冶の間では、「七頭制」(しちとうせい)と称される自治組合を結成しています。これは、「関七流」(せきしちりゅう)と呼ばれる関鍛冶の7つの各流派を代表する、7名の頭領達によって構成される組織。

関鍛冶達は、彼らの話し合いによって定められた作刀数などに基づいて、刀剣の作刀を行っていました。さらには、この組織による統制のもと、作刀から流通・販売に至るまでを、自分達で担っていたのです。

このような制度が設けられていたのは、実は「五箇伝」(ごかでん:五ヵ伝、五ヶ伝)のなかでも美濃伝のみ。有力武将の支援を受けることもなく、日本刀の作刀を純粋な経済活動として行っていたからこそ、関鍛冶を中心とした美濃伝が急速に発展していったと言えます。

五箇伝の名工
日本刀(刀剣)の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

美濃伝について

美濃伝についてをSNSでシェアする

「岐阜(美濃)の刀剣情報」の記事を読む


美濃伝の刀工

美濃伝の刀工
鎌倉時代中期頃に興った日本刀作刀の伝法のひとつ、「美濃伝」は、発祥の地である美濃国(現在の岐阜県南部)が交通の要衝であり、さらには周辺諸国に得意先となる有力武将が多く住んでいたという好条件が重なっていたため、急速な発展を遂げています。そしてその背景には、高い作刀技術を持った優秀な刀工達の存在も欠かせませんでした。そんな美濃伝の名工についてご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する各刀工の作刀についてもご紹介します。

美濃伝の刀工

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(きりんがくる)のヒットなどにより、「明智光秀」ゆかりの地として、戦国武将や日本史ファンなど多くの観光客が訪れている岐阜県。この地では、鎌倉時代中期以降、「美濃伝」と称される日本刀作刀の伝法が発達し、操作性と切れ味の良さをかね備えた実用的な刀剣として、様々な戦国武将達に「美濃刀」が重用されていました。「日本刀の名産地」である岐阜県において、博物館や神社などが所蔵している「国宝」や「重要文化財」指定の刀剣、すなわち、国から名刀であることを認められた刀剣についてご紹介します。

岐阜県にある国宝・重要文化財の刀

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館
日本刀の「五箇伝」のひとつ、「美濃伝」の本拠地であり「刃物のまち」として知られている岐阜県関市にある「関鍛冶伝承館」は、鎌倉時代から受け継がれる「関鍛冶」の技を今に伝える施設です。1階には関鍛冶を代表する刀工「兼元」・「兼定」をはじめとする刀工によって作られた日本刀や、その製造工程・歴史に関する様々な資料を展示。2階には、関鍛冶以来伝承されている刃物作りの技術を応用した近現代の刃物産業製品などの展示が行なわれています。

関鍛冶伝承館

岐阜関ケ原古戦場記念館

岐阜関ケ原古戦場記念館
「岐阜関ケ原古戦場記念館」は、1600年(慶長5年)に起きた天下分け目の合戦と謳われる「関ヶ原の戦い」を誰にでも分かりやすく解説することを目的とした体験型施設です。2020年(令和2年)、関ヶ原の戦いの古戦場である岐阜県不破郡関ヶ原町にオープン。関ヶ原の戦いに至るまでの歴史的背景を映像化し、床面スクリーンで観賞する「グラウンドビジョン」や、再現映像で関ヶ原の戦いを体験する「シアター」、合戦と同時代に使用されていた刀剣を始めとする武具や古文書の常設展示など、見どころ盛りだくさんの施設となっています。

岐阜関ケ原古戦場記念館