刀の基礎知識

日本刀の最高傑作

文字サイズ

古来より日本刀は、その美しさから、武具としてだけでなく、祭神具や贈答品、家宝としても扱われてきました。日本刀の価値は、その切れ味の鋭さや使い勝手の良さなど、武具としての評価以外にも、美しさや技巧などの芸術的な観点、由緒や伝来などの歴史的な側面からも評価されます。「最高傑作」と呼ばれる日本刀にはどのようなものがあるのか、最高傑作と呼ばれ、現在でも名高い日本刀を観ていきましょう。

最高傑作とは

「最高傑作」と呼ばれる日本刀は、切れ味などの武具としての評価以外にも、芸術的な評価、歴史的な評価を包括して考えられることも多く、古来より様々な日本刀の格付けが行なわれてきました。桃山時代には、日本刀の熱心な収集家としても知られる「豊臣秀吉」が、「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)を「刀剣極所」(とうけんきわめどころ)に任命。日本刀を鑑定させ、折紙(おりがみ)という刀剣鑑定書を発行させたことで、個人の目利きではなく公的な日本刀の価値が可視化されるようになったのです。

1719年(享保4年)には、「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)により「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)が編纂され、名刀を名物として記載。諸大名の所蔵する名刀を集め、その姿だけでなく、刀にまつわる伝承や由緒などを記載することで、日本刀の価値を高める目的がありました。享保名物帳は以降、価値基準のひとつの指標となり、記載された名刀は「名物」(めいぶつ)と呼ばれるようになったのです。

また、江戸時代の後期には、切れ味の鋭さを格付けする「最上大業物15工」なども日本刀の最高傑作として知られています。最上大業物(さいじょうおおわざもの)とは、日本刀の試し斬りを行なっていた「山田浅右衛門」(やまだあさえもん)が編纂した、刀の切れ味を評価した「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)に記載された分類のひとつ。「最上大業物」、「大業物」、「良業物」(よきわざもの)、「業物」の4段階に分けられた評価で、最上大業物が最上級とされました。

このように、最高傑作とされる日本刀は様々なものがありますが、ここでは、切れ味や美しさ、由緒などを包含した、日本刀の最高傑作として古今東西で名高い「天下五剣」と、戦国時代以降、最高峰の刀工とされた「天下三作」の日本刀について紹介します。

  • 素晴らしい名刀を賛美して呼ばれる「天下五剣」についてご紹介します。

  • 刀剣の証明書「折紙」の起源、本阿弥家とのつながりをご紹介します。

  • 刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 刀剣にまつわることわざを題材とした4コマ漫画をご紹介します。

天下五剣

天下五剣とは

天下五剣とは、数多くの名刀が存在する日本刀のなかでも、特に最高傑作とされる「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)、「三日月宗近」(みかづきむねちか)、「大典太光世」(おおでんたみつよ)、「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)、「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)の5振を指す言葉です。名刀中の名刀と言われる天下五剣が、この5振に決まった正確な年代は分かっていませんが、室町時代から安土桃山時代には、すでに天下五剣は選出されていたとされます。

童子切安綱

童子切安綱とは、平安時代中期の伯耆国(現在の鳥取県)の名工「大原安綱」(おおはらやすつな)の手による太刀(たち)です。童子切安綱は、天下五剣のなかでも最も古い筆頭格の名刀で、「日本刀中の横綱」と評されるほどの美しさと凄まじい切れ味を誇っています。

童子切という号の由来は、平安時代の源氏の棟梁「源頼光」(みなもとのよりみつ)が、大江山に住む「酒呑童子」(しゅてんどうじ)を、本太刀を用いて退治した伝承から名付けられました。

姿は、小板目肌(こいためはだ)の地鉄(じがね)に、刃文(はもん)は小乱れとなった、反りが深い、格調高い豪壮な作風です。作者である大原安綱は、日本刀の様式が成立した頃に活躍したことから「刀工の祖」とされ、日本刀の黎明期に活躍した「日本三名匠」のひとりにも数えられました。

童子切安綱
童子切安綱
安綱
鑑定区分
国宝
刃長
80
所蔵・伝来
源頼光 →
足利家 →
豊臣秀吉 →
徳川家康
  • 刀工「安綱」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 「天下五剣 童子切安綱」など、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

三日月宗近

三日月宗近は、天下五剣のなかで最も美しいと称される太刀で、平安時代の名工「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)の手による作品です。「三日月」という号の由来は、刀身(とうしん)にある打徐けが、たなびく雲の合間に浮かぶ三日月のように見えることから付けられました。

元幅から先細るような、踏ん張りのある優美な姿をしている三日月宗近は、小板目肌のよくんだ地鉄を持ち、小乱れにが付き、匂口の深い刃文に、三日月のように見える打ち除けがしきりに入った、繊細で美しい作風をしています。作者の三条小鍛冶宗近は、京都の刀工集団「三条派」(さんじょうは)の創始者で、日本三名匠のひとりに数えられる名工です。

三日月宗近以外にも、謡曲の題材となった「小狐丸」(こぎつねまる)や、「義経記」に登場する「源義経」(みなもとのよしつね)の懐刀(ふところがたな)など、伝説の刀を作刀した刀工としても知られています。

三日月宗近
三日月宗近
三条
鑑定区分
国宝
刃長
80
所蔵・伝来
足利家 →
徳川秀忠 →
東京国立博物館
  • 「小狐丸」など、日本書紀などの神話や、説話に登場する刀剣についてご紹介します。

  • 源義経のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 「天下五剣 三日月宗近」をはじめ、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

大典太光世

大典太光世は、平安時代の刀工「三池典太光世」(みいけてんたみつよ)により制作された太刀で、病をも切ることができる、霊力をもった刀として知られている1振です。加賀藩前田家にゆかりのある刀として、現在も「前田育徳会」(まえだいくとくかい)が所有しています。「大典太」の号の由来は、前田家において2振所有していた三池典太光世の太刀を、大きい方を「大伝多」、短い方を「小伝多」と呼んだことから名付けられました。

大典太光世は、同年代の太刀と比べると身幅の広い刀身に、三池樋と呼ばれる浅い腰樋(こしび:[なかご]から刀身の一部にだけ彫られた樋)が掻かれているのが特徴です。大板目の流れる地鉄に、沸出来(にえでき:沸が刃文全体を覆うような様)の細い直刃(すぐは)の刃文が美しい、重量感がありながらも繊細な作風の太刀だと言えます。

大典太光世
大典太光世
光世作
鑑定区分
国宝
刃長
66
所蔵・伝来
足利家 →
徳川家 →
前田家 →
公益財団法人前田育徳会

「天下五剣 大典太光世」など、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

鬼丸国綱

鬼丸国綱は、鎌倉時代前期の刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)の手による太刀で、天下五剣のなかでも唯一「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有品)として、文化財保護法の指定がされていない日本刀です。「鬼丸」という号は、鎌倉幕府5代執権「北条時頼」(ほうじょうときより)が病に伏し、夢に出てくる悪鬼に悩まされた際に、原因となった火鉢に取り憑いた鬼を切ったことが由来とされます。

鬼丸国綱は、刀身の真ん中にある強い反りと、元幅に比べて鋒/切先が細くなった、均整の取れた姿が特徴。地斑映り(じふうつり)の美しい地鉄に、刃文は沸出来の小乱れとなり、豪壮な作風です。作者の粟田口国綱は、京都の刀工一派「粟田口派」(あわたぐちは)の出身で、「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)の御番鍛冶(ごばんかじ)を務めた人物。のちに相模国(現在の神奈川県)に移住し、相州伝の祖となる「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の父となりました。

鬼丸国綱
鬼丸国綱
國綱
鑑定区分
御物
刃長
78.2
所蔵・伝来
北条時頼 →
新田義貞 →
斯波高経 →
織田信長 →
豊臣秀吉 →
徳川家康 →
皇室
  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 刀工「新藤五国光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 「天下五剣 鬼丸国綱」をはじめ、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

数珠丸恒次

数珠丸恒次は、鎌倉時代の刀工「青江恒次」(あおえつねつぐ)の手による太刀で、日蓮宗の宗祖「日蓮」(にちれん)が「破邪顕正」(はじゃけんしょう:邪な考えを改めて、正しい道を示すこと)の太刀として佩用(はいよう:腰から下げること)した日本刀です。号の由来は、日蓮がに数珠を巻いて佩用したことから名付けられたとされます。

数珠丸恒次の姿は、小板目肌の地鉄に、直刃調の刃文を持った、繊細で奥ゆかしい印象の作風です。複数の青江派の刀工が「恒次」を名乗ったことから、作者が明らかにされていないものの、備中国(現在の岡山県)で活躍し、後鳥羽上皇の御番鍛冶を務めた古青江の青江恒次が数珠丸恒次の作者とされるのが一般的。この他にも、古備前派の「左近将監恒次」(さこんのしょうげんつねつぐ)が作者と見る説もあります。

数珠丸恒次
数珠丸恒次
恒次
鑑定区分
重要文化財
刃長
82.1
所蔵・伝来
日蓮

「天下五剣 数珠丸恒次」など、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

名物の筆頭となる「天下三作」の日本刀

天下三作とは

天下三作」とは、「名物三作」(めいぶつさんさく)とも呼ばれており、享保名物帳に「天下の3名工」として名を挙げられた、「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)と、「正宗」(まさむね)、「郷義弘」(ごうよしひろ)の3人の刀鍛冶を称する言葉です。この3工は、名刀の収集家でもあった戦国武将・豊臣秀吉に最も珍重された3工であり、天下三作の日本刀は武将としての格を表わすステータスシンボルとしても扱われました。

  • 「天下三作」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 刀工「吉光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「正宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「江義弘/郷義弘」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

粟田口吉光

粟田口吉光は、鎌倉時代中期に京都の粟田口に住み作刀をした刀工で、短刀の名手として知られています。通称を「藤四郎」と言い、粟田口吉光が作刀した日本刀も同様に、藤四郎と呼ばれました。粟田口吉光の短刀は、「持ち主の身を護る刀」として武将や諸大名に珍重され、江戸時代には必需品とまで謳われたのです。

粟田口吉光の作風は、作刀した刀のほとんどが短刀で、筍反り(たけのこぞり:内反りの一種)のものが多く、重ねが厚い姿。小杢目肌(こもくめはだ)や、梨子地肌(なしじはだ)を呈した地鉄には潤いがあるとされ、中直刃を基調とした小互の目(こぐのめ)の刃文を持った、格調高い作風が特徴とされます。代表作のひとつである「一期一振藤四郎」(いちごひとふりとうしろう)は、短刀の名手と謳われた粟田口吉光の手による唯一の太刀で、同時に最高傑作としても有名です。

一期一振
一期一振
吉光
鑑定区分
御物
刃長
68.8
所蔵・伝来
毛利輝元 →
豊臣秀吉

五郎入道正宗

最も有名な刀工のひとりである「正宗」は、「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)とも呼ばれ、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての相模国で活躍した刀工。「折れず、曲がらず、良く切れる」日本刀を作刀し、五箇伝のひとつである相州伝を確立しました。名物とされる作刀が非常に多く、享保名物帳に記載された正宗の作刀数は、42振にも及びます。

作風は、反りが浅く身幅の広い、どっしりとした印象を与える姿で、刃文は沸出来に大乱れや互の目乱れ、直刃丁子乱れなど様々なものが見られます。金筋などの働きがさかんに入り、地鉄にも地景が美しく入るなど、華やかで豪壮な作風です。

代表的な作刀は、「石田三成」が佩用し、「結城秀康」(ゆうきひでやす)に贈られた「石田正宗」や、国宝となっている「日向正宗」などがあります。なお、「名古屋刀剣博物館」にも正宗の作刀と伝わる刀が所蔵。「刀 無銘 伝正宗」は、幕末の天皇「孝明天皇」(こうめいてんのう)の佩刀で、華やかな地景と輝きえた沸は、相州伝の作風を表わしています。

刀 無銘 伝正宗
刀 無銘 伝正宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.3
所蔵・伝来
孝明天皇→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

郷義弘

郷義弘は、「江義弘」とも言われ、南北朝時代に越中国(現在の富山県)で活躍した刀工です。相州伝の正宗に師事し、「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられる名工ですが、夭折(ようせつ)したために作刀数は少なく、同工の作はすべて無銘で、その存在が極めて稀有であることから、「郷と化け物は見たことがない」という言葉が生まれました。

作風は、細身で優雅な鎌倉時代の様式を持ったものと、反りが深く、刃文に大きく乱れた「濤乱刃」(とうらんば)を焼いた、華やかで豪壮な南北朝時代の様式を持ったものの2つに分かれます。師である正宗にも劣らず、地刃共に明るく冴える作品が多く、代表作は、「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)によって金象嵌を入れられた「稲葉江」(いなばごう)と、前田家伝来の「富田江」が郷義弘の作刀の双璧をなすとされているのです。

富田江
富田江
鑑定区分
国宝
刃長
64.8
所蔵・伝来
富田一白 →
豊臣秀吉 →
前田利長 →
徳川秀忠 →
前田家 →
公益財団法人前田育徳会

日本刀の最高傑作

日本刀の最高傑作をSNSでシェアする

「刀の基礎知識」の記事を読む


日本刀の書物

日本刀の書物
近年、ゲームや舞台、アニメなどの影響で若い世代が日本刀に魅了されるようになりました。そこで「日本刀鑑賞」と言えば、やはり日本刀を所蔵している美術館や博物館に出向くことを考える場合が多いかもしれません。しかし実物だけが日本刀の資料ではありません。書物として残される日本刀の記録も十分な価値を持っています。日本刀に関する本は、刀身や茎(なかご)を写した「押形」(おしがた)が有名ですが、刀剣についての和歌を収録した本や、試し斬りの実験結果をまとめた本など、たくさんの本が存在するのです。日本刀にまつわる書物と共に、その歴史を追っていきましょう。

日本刀の書物

日本刀の歴史

日本刀の歴史
日本刀は、日本独自の製法で制作された、片刃の湾刀のこと。日本刀の刃文や堂々とした姿は観る者に独特の美を感じさせ、現在、美術品としての価値が世界で認められ、多くの人に注目されています。平安時代に武士が勃興したことにより、武具として扱われた日本刀が、現在のような文化的財産としての地位を高めたのはなぜなのか、日本刀の変革の歴史や役割の変化について見ていきましょう。

日本刀の歴史

刀の作り方

刀の作り方
日本刀とは、伝統的な日本独自の製法で作られた刀のこと。日本刀は、古来より専門の刀鍛冶によって作刀され、長い歴史の中でその技術は進化していきました。現在でも作刀技術は伝えられ、新しい刀も生み出されているのです。刀ができるまでの工程を紹介します。

刀の作り方

日本刀のオークション

日本刀のオークション
刀剣に興味を持つと、観ているだけではなく、自身でも持ってみたくなるもの。一方で、刀剣を所持しているけれど、管理に困り、売却やオークションでの出品などを考えている方もいます。その場合、刀剣のオークションはいったいどこで開催しているのだろう、と考える人も少なくないでしょう。そうした方々に向けて、ここでは日本刀のオークションに関する情報について解説。また、オークションについて詳しいお話を聞かせて下さったオークション会社「カーム株式会社」についてご紹介します。

日本刀のオークション

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い
刀剣には、「本歌」(本科)と呼ばれる原作刀工による原作刀剣の他に、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が存在する場合があります。本歌が優れていればいるほど、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が作られるとも言えるのです。「写し」、「贋作」、「レプリカ」とは何なのか。それぞれの違いや作られた目的、メリット(利点)、デメリット(欠点)についてご紹介します。

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

名刀が観られる博物館・美術館

名刀が観られる博物館・美術館
「日本刀」は、武器である面と美術品工芸品としての面を持ちます。国宝指定を受けている工芸品の約40%が刀剣類であり、その数は100点以上。それだけ日本刀が、貴重な美術工芸品として高く評価されていると言えるのではないでしょうか。しかし日本刀は国宝だけが素晴らしいわけではなく、そうでない日本刀にも伝来があり、所蔵者を渡り歩いた分の歴史を持ちます。そんな名刀を観覧することのできる博物館・美術館を見ていきましょう。

名刀が観られる博物館・美術館

日本刀ランキング

日本刀ランキング
刀剣ワールド財団には、太刀をはじめ、打刀、短刀、脇差など、様々な種類の日本刀が、時代を問わず所蔵されています。刀剣ワールド財団が所蔵している日本刀のなかでも、特に人気のある上位15位の日本刀を、ランキング形式で順番に観ていきましょう。

日本刀ランキング

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)
日本刀は、数ある刀剣類のなかでも最も見た目が美しいと評される刀です。また、漫画やゲームが好きな人であれば、「最強の武器」としての日本刀に大きな魅力を感じ、美術館などに赴いてその刀身(とうしん)を観るだけでもテンションが上がります。そして、日本刀の魅力はそれだけではありません。刀身をじっくり観れば、1振1振の形状が違ったり、その表面に美しい模様が付いていたりすることに気が付きます。人びとが日本刀に魅了される理由とは何か。日本刀の魅力を各部位の特徴と共にご紹介します。

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

剣とは

剣とは
「剣」(けん/つるぎ)とは、刀身(剣身)の両側に刃を備えた、反りのない刀剣の一種です。日本では、広い意味で「日本刀」のひとつに数えられます。両手で柄(つか)を持ち、主に突き刺すことにおいて威力を発揮。刃長は60cm以上と定義され、それより短く、片手で扱えるタイプは「短剣」です。日本でも古くから歴史に登場してきた剣ですが、平安時代中期に片刃で反りのある日本刀が刀剣の主流を占めるようになると、実戦で用いられることはほとんどなくなり、祭祀的な意味を持つ神社仏閣への奉納品として作刀されるようになりました。

剣とは