刀の基礎知識

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

文字サイズ

日本刀は、数ある刀剣類のなかでも最も見た目が美しいと評される刀です。また、漫画やゲームが好きな人であれば、「最強の武器」としての日本刀に大きな魅力を感じ、美術館などに赴いてその刀身(とうしん)を観るだけでもテンションが上がります。そして、日本刀の魅力はそれだけではありません。刀身をじっくり観れば、1振1振の形状が違ったり、その表面に美しい模様が付いていたりすることに気が付きます。人びとが日本刀に魅了される理由とは何か。日本刀の魅力を各部位の特徴と共にご紹介します。

刀の基礎知識

武器としての刀

日本における刀剣の歴史は古く、反りのない真っ直ぐな刀である「直刀」(ちょくとう)は古墳時代から使用されていました。「日本刀」と聞いて一般に想像される、弓なりの反りが付いた刀「湾刀」(わんとう)が作刀されるのは平安時代以降です。製鉄技術が発達し、日本各地で刀剣需要が高まったことで、各地で採取できる鉄や水などの性質の違いから、様々な特徴を持つ日本刀が作刀されました。

直刀と湾刀

直刀と湾刀

はじめは、馬上で使用するために長大な「太刀」(たち)と呼ばれる刀が武士の間で広く使用されていましたが、時代が移り、戦闘形式が徒歩戦へと変わると、携帯しやすく、扱いやすい大きさの「打刀」(うちがたな)が主流となります。打刀は、室町時代後期から幕末時代に至るまで、武士にとって欠かせない武器として存在しました。

しかし、実際の戦場における刀は、槍(やり)や弓矢(ゆみや)が使用できなくなったときに使う補助武器として使用されていたと言われており、刀が戦場で主要武器として活躍するのは、幕末時代になってからです。幕末時代に活躍した「西郷隆盛」や「新選組」など、歴史ファンから高い人気を集める人物のなかには、「剣客」や「剣豪」などの肩書を持つ人もいました。

お守りとしての刀

日本刀は、その見た目の美しさから、武器であると同時に「美術品」や「お守り」としての側面を持ち合わせています。神社などで「供物」として神へ捧げられたり、生まれた子の健やかな成長を願って「守り刀」を贈ったりなどの役割を持って作刀されることもありました。

なお、刀剣にこうした「おまじない」の意味を込める風習は、日本だけではなく世界中に存在。また、宗教によっても「刀」に対する概念は異なります。例えば、仏教であれば「亡くなった人が無事に極楽浄土へたどり着けるように」と言う意味が込められている他、神道であれば、守り刀に「生きている人を穢れ[けがれ]から守る」と言う願いが込められました。

姿の魅力

姿」(すがた)とは反り、「鋒/切先」(きっさき)、「」(なかご:[つか]に収める部位)など、刀の全体的な形状のこと。各部位の形状は、作刀された時代や地域によって様々な特徴があるため、ここでは代表的な特徴と形状をご紹介します。

反り

反り

反りとは、刀身(とうしん)の反り具合のこと。

刀は、よく観ると反っている位置が「茎寄り」、「中央付近」、「鋒/切先寄り」になっているのが分かりますが、これはその刀が作刀された年代を知る上で重要なポイントです。

腰反り

腰反り

腰反り

一般に作刀年代が古い刀剣ほど、反りの中心は茎寄りになり、こうした反りのことを「腰反り」(こしぞり)と呼びます。

刀剣ファンの間でも特に人気の高い「天下五剣」(てんがごけん)と呼ばれる5振の刀のうち、「三日月宗近」(みかづきむねちか)、「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)、「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)、「大典太光世」(おおでんたみつよ)の4振は腰反りです。

腰反りは、反っている角度が深い場合は「腰反り高い」、浅い場合は「腰反り低い」と言い表わします。

中反り

中反り

中反り

鎌倉時代に多く見られるのが、刀身の中央付近で反っている「中反り」(なかぞり)、または「輪反り」、「鳥居反り」と呼ばれる反りです。

中反りは、日本刀の主な5つの生産地である「五箇伝」(ごかでん)の「山城伝」(やましろでん)で作刀された刀に多く見られます。

五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

先反り

先反り

先反り

室町時代以降に作刀された刀に多く見られるのが、刀身の中央よりも鋒/切先寄りに反りが付いている「先反り」(さきぞり)です。先反りは、戦国時代に片手で扱う刀「片手打ち」として流行したと言われています。

刀剣ファンのなかには、「日本刀と言えばやっぱり腰反りが好き」や「実用を追求した先反りが最高に魅力的」など、自分好みの反りを持つ人も多く存在。刀剣を鑑賞する際は、刀の反り具合にも要注目です。

鋒/切先

鋒/切先

鋒/切先

鋒/切先とは、刀身の先端部のこと。日本刀の鋒/切先は、刀身全体の印象を決定付ける部位であり、「鋒/切先の形状が良くなければその評価も低くなる」と言われるほど、高い魅力を持つ部分でもあります。

平安時代に作刀された鋒/切先は小さく、鎌倉時代から南北朝時代にかけて大きくなっていくのが特徴です。

茎

茎とは、柄に収める部位のこと。

名称の由来は諸説ありますが、「柄のなかに込める」という意味から名付けられたのではないかと言われています。

形状

茎は、その形状に様々な名称が付けられているのが特徴。

普通形

普通形とは、全時代を通じて最も多く見られる茎のこと。

雉子股形(きじももがた)

雉子股形とは、平安時代から鎌倉時代に流行した茎のこと。名称の由来は、「雉」(きじ)の股を連想させるため。

振袖形(ふりそでがた)

振袖形とは、鎌倉時代に作刀された刀のなかでも、「短刀」と呼ばれる短い刀に多く見られる茎のこと。名称の由来は、振袖を連想させるため。

船底形(ふなぞこがた)

船底形とは、船底の形に似た茎のこと。五箇伝のひとつ「相州伝」に多く見られるため、「相伝茎」(そうでんなかご)とも呼ばれます。

タナゴ腹形

タナゴ腹形とは、「妖刀」の異名で知られる「村正」が作刀した刀に見られる茎のこと。魚の「タナゴ」に似ているのが名称の由来となっています。

銘

」(めい)とは、作刀者名や所有者名、年紀などのサインのこと。そして、銘はその刀の価値を大きく左右する重要な要素のひとつ。

しかし、刀の所有者が変わるうちに銘が失われることがあります。その理由は、太刀として作刀された刀を、打刀として使用するため。

刀は、茎を切り詰めて短くすることでサイズを調整することが可能です。

太刀から打刀へ改造することを「磨上げ」(すりあげ)と言い、銘が残らないほど磨上げられた茎を「大磨上げ茎」(おおすりあげなかご)と呼びます。南北朝時代にあった「大太刀」(おおたち/おおだち)と呼ばれる長大な太刀のほとんどが、使い勝手をよくするために大磨上げ茎となりました。

なお、銘に切られる文字は刀工自身が入れることが多いです。そして、その字のバランスは刀工によって様々。上手に銘を切る刀工もいれば、味のある銘を切る刀工もいるため、刀剣ファンのなかにはその違いに魅力を感じる人も多いです。

刃文の魅力

刃文(はもん)とは、刃先寄りに付く白い部分の模様のこと。日本刀の美術的な価値を決めると言っても過言ではない部位であり、日本刀の鑑賞における最大の見どころです。

刀は、刀身に「焼刃土」(やきばづち)と呼ばれる土を塗って焼き、水で急激に冷やす「焼き入れ」という作業を行うことで強く、硬くなるのが特徴。そして、刃文はこの焼き入れを行うことで独特の模様が付き、刀工や流派の個性が最も表われる部位となっています。

なお、刃先に白く形取られている白っぽい部分は、本当の刃文ではありません。刃文は肉眼ではなく、実際に刀を手に持って様々な角度からライトを当てることでやっと見える部位です。そのため、展覧会などでガラスケース越しにどれだけ刃文を観ようとしても、そのすべてを鑑賞することはできません。

刃文の種類

刃文の模様は大別すると「直刃」(すぐは)と「乱れ刃」(みだれば)の2種類があります。

直刃
糸直刃・細直刃・中直刃・広直刃

糸直刃・細直刃・中直刃・広直刃

直刃とは、刃に沿って真っ直ぐに付いた刃文のこと。刃文の焼いた幅(焼き幅)の大きさによって「糸直刃」(いとすぐは)、「細直刃」(ほそすぐは)、「中直刃」(ちゅうすぐは)、「広直刃」(ひろすぐは)の4種に大別されるのが特徴です。

一般的に、直刃の刀は乱れ刃と比較して簡単に付くと誤解されることが多いですが、実は乱れ刃よりも直刃の方が技術的に難しいと言われています。その理由は、直刃は乱れ刃と違って「ごまかし」がきかないため。優れた刀工になると、寸分の乱れもない美しい直刃を焼き上げることから、刀剣愛好家のなかには乱れ刃よりも直刃のほうに魅力を感じると言う人も多いです。

乱れ刃

乱れ刃とは、うねるような模様の刃文のこと。各刀工、各流派によって形状が異なり、その特徴も様々。刀を鑑賞する場合は、自分が鑑賞する刀がいつ、どこで、誰によって作刀された刀なのか事前に知っておけば、その特徴と魅力をしっかりと意識して鑑賞することができます。

地鉄の魅力

地鉄(じがね)とは、「地肌」や「地金」とも呼ばれる、刀身の黒っぽい部分に現われる模様のこと。日本刀は、「折り返し鍛錬」と呼ばれる、叩いては伸ばし、重ねて、また叩いては伸ばし、重ねると言う作業を繰り返すことで強靭な刀身になります。

そして、地鉄は折り返し鍛錬の仕方によって様々な模様が付くのが特徴で、刀剣愛好家のなかには「刀と言えば地鉄に最大の魅力がある」と言う人も少なくありません。

なぜなら、平安時代中期から安土桃山時代末期までに作刀された刀「古刀」(ことう)と、安土桃山時代末期から江戸時代中期までに作刀された刀「新刀」(しんとう)の、最大の違いが表われるのが地鉄だからです。

そして「古刀の魅力はなんと言っても地鉄にある」と断言する刀剣ファンがいる一方で、地鉄を表現する刀剣用語のなかには、識者の間でも認識が統一されていない用語があるため、地鉄の魅力を広く知らしめるのは大変難しいのが現状。地鉄の魅力を知るには、まず地鉄の用語とその特徴を知ることが大事です。ここでは、地鉄の代表的な模様と共に、「古刀の地鉄」と「新刀の地鉄」についてご紹介します。

地鉄の模様

板目肌
板目肌

板目肌

板目肌」(いためはだ)とは、最もよく見かける地鉄のこと。木の板の模様を連想させることが名称由来です。

その模様のサイズによって「大板目」(おおいため)や「小板目」(こいため)などに分類され、五箇伝のうち相州伝に多く見られます。

杢目肌
杢目肌

杢目肌

杢目肌」(もくめはだ)とは、木の年輪を思わせる模様で、板目肌に混ざって現われることが多い地鉄です。

平安時代末期から南北朝時代に備中国(現在の岡山県西部)で活躍した刀工一派「青江派」(あおえは)の杢目肌は、ちりちりと肌立った様子から「縮緬肌」(ちりめんはだ)と呼ばれます。

柾目肌
柾目肌

柾目肌

柾目肌」(まさめはだ)とは、木を縦に切ったような真っ直ぐな模様で、板目肌に混ざって現われることが多い地鉄です。刀剣用語では、このような模様のことを「板目肌に柾が流れる」と表現します。

五箇伝のうち「大和伝」に顕著な地鉄で、大和伝の刀工が作刀した刀には板目肌や杢目肌であっても柾目が混ざるのが特徴。

地景
地景

地景

地景」(ちけい)とは、地鉄に現われる模様のなかでも、特に濃い黒色の線のこと。

一般に、刃文のなかに見られる「金筋」(きんすじ)や「稲妻」(いなずま)と呼ばれる模様と同質であると言われています。

古刀の地鉄と新刀の地鉄

古刀と新刀は、目の肥えた刀剣愛好家が観ればすぐに判断が付くと言われていますが、これは地鉄の特徴を理解しているためです。一般に、古刀の地鉄は変化に富み、新刀の地鉄は変化に乏しいと言われていますが、これはそれぞれの時代における製鉄技術と精錬技術の違いが大きな理由となっています。

古刀が作刀されていた時代の製鉄・精錬技術は、各地域によってばらばらでした。当時は、交通が発達していない時代です。そのため、刀を作るときは水や砂鉄などの原料が安定して採取できる地域へ移住するしかありませんでした。また、刀を形作る上で重要となる鍛錬の方法も、各地域で違いがあったと推測され、その違いが地鉄の模様に個性として表われたのです。

新刀が作刀される時代になると、交通が発達し、各地域の原料は様々な土地へと運ばれるようになります。また、それと同時に刀工達も比較的自由に各地へ移住するようになり、それぞれの鍛錬方法の差が次第になくなっていきました。新刀の地鉄は、その多くが「規則正しく、いかにも作られたように綺麗」と言われることがありますが、その理由は鍛冶の技術が向上し、各地の刀工が同じ原料、同じ鍛錬方法を用いたため。

刀を鑑賞する上では、地鉄に様々な特色が見られる古刀の方が好まれることが多いですが、鍛錬技術が向上した末に作刀された新刀の地鉄もまた、観る人によっては見ごたえのある名刀です。古刀と新刀を見比べる場合は、地鉄の違いに注目することをおすすめします。

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)をSNSでシェアする

「刀の基礎知識」の記事を読む


日本刀の書物

日本刀の書物
近年、ゲームや舞台、アニメなどの影響で若い世代が日本刀に魅了されるようになりました。そこで「日本刀鑑賞」と言えば、やはり日本刀を所蔵している美術館や博物館に出向くことを考える場合が多いかもしれません。しかし実物だけが日本刀の資料ではありません。書物として残される日本刀の記録も十分な価値を持っています。日本刀に関する本は、刀身や茎(なかご)を写した「押形」(おしがた)が有名ですが、刀剣についての和歌を収録した本や、試し斬りの実験結果をまとめた本など、たくさんの本が存在するのです。日本刀にまつわる書物と共に、その歴史を追っていきましょう。

日本刀の書物

日本刀の最高傑作

日本刀の最高傑作
古来より日本刀は、その美しさから、武具としてだけでなく、祭神具や贈答品、家宝としても扱われてきました。日本刀の価値は、その切れ味の鋭さや使い勝手の良さなど、武具としての評価以外にも、美しさや技巧などの芸術的な観点、由緒や伝来などの歴史的な側面からも評価されます。「最高傑作」と呼ばれる日本刀にはどのようなものがあるのか、最高傑作と呼ばれ、現在でも名高い日本刀を観ていきましょう。

日本刀の最高傑作

日本刀の歴史

日本刀の歴史
日本刀は、日本独自の製法で制作された、片刃の湾刀のこと。日本刀の刃文や堂々とした姿は観る者に独特の美を感じさせ、現在、美術品としての価値が世界で認められ、多くの人に注目されています。平安時代に武士が勃興したことにより、武具として扱われた日本刀が、現在のような文化的財産としての地位を高めたのはなぜなのか、日本刀の変革の歴史や役割の変化について見ていきましょう。

日本刀の歴史

刀の作り方

刀の作り方
日本刀とは、伝統的な日本独自の製法で作られた刀のこと。日本刀は、古来より専門の刀鍛冶によって作刀され、長い歴史の中でその技術は進化していきました。現在でも作刀技術は伝えられ、新しい刀も生み出されているのです。刀ができるまでの工程を紹介します。

刀の作り方

日本刀のオークション

日本刀のオークション
刀剣に興味を持つと、観ているだけではなく、自身でも持ってみたくなるもの。一方で、刀剣を所持しているけれど、管理に困り、売却やオークションでの出品などを考えている方もいます。その場合、刀剣のオークションはいったいどこで開催しているのだろう、と考える人も少なくないでしょう。そうした方々に向けて、ここでは日本刀のオークションに関する情報について解説。また、オークションについて詳しいお話を聞かせて下さったオークション会社「カーム株式会社」についてご紹介します。

日本刀のオークション

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い
刀剣には、「本歌」(本科)と呼ばれる原作刀工による原作刀剣の他に、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が存在する場合があります。本歌が優れていればいるほど、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が作られるとも言えるのです。「写し」、「贋作」、「レプリカ」とは何なのか。それぞれの違いや作られた目的、メリット(利点)、デメリット(欠点)についてご紹介します。

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

名刀が観られる博物館・美術館

名刀が観られる博物館・美術館
「日本刀」は、武器である面と美術品工芸品としての面を持ちます。国宝指定を受けている工芸品の約40%が刀剣類であり、その数は100点以上。それだけ日本刀が、貴重な美術工芸品として高く評価されていると言えるのではないでしょうか。しかし日本刀は国宝だけが素晴らしいわけではなく、そうでない日本刀にも伝来があり、所蔵者を渡り歩いた分の歴史を持ちます。そんな名刀を観覧することのできる博物館・美術館を見ていきましょう。

名刀が観られる博物館・美術館

日本刀ランキング

日本刀ランキング
刀剣ワールド財団には、太刀をはじめ、打刀、短刀、脇差など、様々な種類の日本刀が、時代を問わず所蔵されています。刀剣ワールド財団が所蔵している日本刀のなかでも、特に人気のある上位15位の日本刀を、ランキング形式で順番に観ていきましょう。

日本刀ランキング

剣とは

剣とは
「剣」(けん/つるぎ)とは、刀身(剣身)の両側に刃を備えた、反りのない刀剣の一種です。日本では、広い意味で「日本刀」のひとつに数えられます。両手で柄(つか)を持ち、主に突き刺すことにおいて威力を発揮。刃長は60cm以上と定義され、それより短く、片手で扱えるタイプは「短剣」です。日本でも古くから歴史に登場してきた剣ですが、平安時代中期に片刃で反りのある日本刀が刀剣の主流を占めるようになると、実戦で用いられることはほとんどなくなり、祭祀的な意味を持つ神社仏閣への奉納品として作刀されるようになりました。

剣とは