刀の基礎知識

日本刀のオークション

文字サイズ

刀剣に興味を持つと、観ているだけではなく、自身でも持ってみたくなるもの。一方で、刀剣を所持しているけれど、管理に困り、売却やオークションでの出品などを考えている方もいます。その場合、刀剣のオークションはいったいどこで開催しているのだろう、と考える人も少なくないでしょう。そうした方々に向けて、ここでは日本刀のオークションに関する情報について解説。また、オークションについて詳しいお話を聞かせて下さったオークション会社「カーム株式会社」についてご紹介します。

日本刀のオークションとは

古物商許可証

古物商許可証

日本刀のオークションは「刀剣専門交換会」とも呼ばれる、刀剣商や美術商など、専門の職業に就く人が行う売買の場です。

このオークションに参加するには、刀剣専門店などの古美術商が持つ「古物商許可証」が必要となるため、一般の人が参加できないシステムになっています。

オークションの種類

刀剣専門のオークション

美術商などの専門職の方が参加する日本刀のオークションは「美術倶楽部」という組織が運営しており、刀剣以外にも、絵画、書道、茶道具、浮世絵などが出品されており、東京大阪京都名古屋金沢の5都市を中心に、定期的に開催。

刀剣類の主なオークション市場は、最も長い歴史を持つ最大手の東京美術倶楽部が開催する「全国美術刀剣会」です。この他にも、刀剣専門店を営んでいる「深海信彦」氏、「土肥豊久」氏、「飯田慶久」氏の3氏が共同出資して発足した「東京刀剣倶楽部」などがあります。

ネットオークション

前述したように、古物商許可証がない一般の人がオークションに参加することは難しいのですが、ネットオークションであれば参入することは可能です。しかし、ネットオークションでは、肉眼でじっくりと真贋を確認することもできない上、掲載されている日本刀がきちんと発送されるとも限らないため、初心者の方にはおすすめできません。

また、ネットオークションに出品されている刀剣には、刀剣類を売買するのに必須である「銃砲刀剣類登録証」の登録を受けていない可能性があることから注意が必要です。

通常、個人で取引をする一般の方が詐欺に出ないように、刀剣を専門としているネットオークションでは鑑定士や業者による厳しい審査などが設けられています。そのため、ネットオークションを希望する場合は、信頼のおける刀剣専門店が行っているネットオークションへ参加するのがおすすめです。

刀剣オークションの流れ

刀剣オークションへの一般参加は現在認められていませんが、ここでは刀剣商や美術商などが参加する、業者の方達が行うオークションの流れを説明します。

日本刀オークションの様子

日本刀オークションの様子

刀剣のオークションとして「刀剣交換会」がありますが、通常の美術品が出品されるオークションに刀剣が出されることも珍しくありません。大きなオークションである場合、2日間の日程でオークションが開催されることがあります。

通常、2日間催されるオークションでは、前日2日間の内覧会が存在。この内覧会では、参加をする業者が、出品される商品の中で目ぼしい商品を選定、及び鑑定をするのです。商品には番号と出品者が記されており、番号ではオークション当日のいつ頃に出てくるのか、出品者の情報では、出品者の実績により商品が信頼のおけるものであるのかが分かるようになっています。

ボテ

ボテ

オークション当日になると、竹で編まれ、和紙と漆で補強された「ボテ」と呼ばれる入れ物に入った商品が、ベルトコンベアで流すように競売台に流され、順番に競売へと掛けられていきます。刀剣が出品されるような美術品のオークションは通常、「イングリッシュ・オークション」という、入札をする人が互いに価格を引き上げながら行う形式のオークションです。

業者の人は目当ての品物が競売に掛けられ、最低価格が提示されると間髪を入れずに金額を提示していきます。一般的公開されているオークションではお客さんの反応を見ながら行っていきますが、業者専門のオークションでは金額を提示する声が飛び交い、次々に値段が引き上げられていく、魚市場の競りと似たスピード感があふれるもの。

そのため、オークションに参加する業者の人は、目当ての商品を注意深く狙っていないといけないのです。商品は落札した業者の確保した場所へ送られ、業者は商品を確認。支払いをしてオークションは終了となるのです。

一般の人が日本刀オークションに出品・落札するには

古物商許可証を持たない一般の人が、業者の行うオークションへ日本刀を出品、及び落札をしたい場合、刀剣商や美術商など、専門の業者へ委託をして代理で出品・落札してもらう必要があります。オークションへの出品を委託する場合、まずは売却したい日本刀を専門の業者に持ち込み、鑑定をしてもらいましょう。このときに金額が提示されるため、その金額を目安に落札最低価格を決めることができるのです。

出品した日本刀がオークションで落札された場合、売却を希望した人は、業者にオークションへの参加と出品の委託手数料を支払うことになります。しかし、業者と相談して決定した最低金額に届かなかった場合は、売却を見送ることになるのです。時期を空けて再出品してもらうことは可能ですが、すぐに売却したい場合は、委託した刀剣商に買い取ってもらうこともできます。

業者専門のオークションに出品される日本刀を落札したいと考えている場合は、オークションに参加をする業者の方に依頼をしなければいけません。しかし、委託が可能である業者と、行っていない業者があるため、確認が必要です。

また、いつ、どこのオークションに、どのような刀剣が出品されるのかは内覧会が行われるまで分からないため、まずは刀剣商や美術商の方に、どのような日本刀を探しているのか、落札金額はどのくらいが限度なのかなど、具体的な相談をしなければいけません。

鑑定書(証明書/刀 銘 井上真改)

鑑定書(証明書/刀 銘 井上真改)

オークションでは、これまで埋もれていた逸品が発掘される可能性もありますが、同時に値段がつり上がる可能性もあるため、オークションでの落札を委託するのは資金に余裕のある人におすすめです。

日本刀のオークションは一般の人が参加することは難しいですが、刀剣専門店であれば、プロの方と相談しながら刀剣を購入することができます。刀剣を熟知している方については、ネットオークションでの購入も検討してみましょう。

日本刀をオークションに出品する場合も、ご自身でネットオークションに出品することはできるだけ避け、まずは刀剣を専門とする業者の方に相談することをおすすめします。刀剣専門店で売却するには、銃砲刀剣類登録証や鑑定書の有無など、様々な準備と確認が必要にはなりますが、刀剣専門店の方が細かく教えてくれるため安心です。もし、ご自身でネットオークションへ出品される場合は、トラブル防止のため、刀剣の情報や状態、付属品の有無、発送方法など、正確に記載しておきましょう。

日本刀オークションのメリットとデメリット

日本刀オークションのメリット

出品する場合の日本刀オークションのメリットは、第一に、複数人いる刀剣のプロにその場で鑑定してもらえること。できるだけ所有する日本刀を高く売りたいと思う気持ちから、多くの刀剣商や古物商を回って鑑定を聞く人もいますが、オークションに出品すれば、1回で複数の専門家から鑑定を受け、その時点の相場で正しく買い取ってもらうことができます。

一方、オークションで落札する場合のメリットは、刀剣商に支払う手数料を除けば、いわゆる卸値で日本刀を購入することができること。刀剣商や刀屋で売られている刀剣は、利益を出すために実際の時価よりも高額に設定されている場合があります。そのため、できるだけ安く日本刀を手に入れたいと考える人は、オークションで落札するのがおすすめです。

日本刀オークションのデメリット

大刀剣市の販売風景

大刀剣市の販売風景

日本刀オークションのデメリットは、ひとえに一般の人が参加できず、直接手に取って入札することができないところ。しかし、業者オークションは一般の人がおらず、刀剣の目利きに正確な専門の人のみで行われることから、正しい価値で入札・落札される信頼のおける取引が行えるのです。

多くの日本刀をその目で観て購入したいと考えている人は、刀剣商・刀屋が一堂に会する「大刀剣市」がおすすめ。大刀剣市は、1988年(昭和63年)よりはじまった、日本刀をはじめとする刀装具や甲冑(鎧兜)などの武具を中心とした展示・即売会のことです。毎年1回開催され、実物の日本刀を鑑賞し、気に入った商品をその場で購入することができます。

出品することのデメリットは、買取店に売却した場合の金額とさほど変わらない金額で落札された場合、オークションに出品する場合は手数料がかかるために、買い取ってもらう場合よりも損をする可能性があることです。

買い取り、オークションのどちらにしても、プロの目による鑑定であり、オークションに出品したからといって大幅に金額が上がることはそれほどありません。なお、業者に出品を委託する際には最低落札金額を決めることができる場合もあるため事前に確認しておくことをお勧めします。いずれにしても委託する業者が本当に信頼できるのか見極めが必要です。

カーム株式会社

カーム株式会社とは

今回、日本刀オークションについて詳しく教えて下さったのが、「開運!なんでも鑑定団」のTVCMで知られる「カーム株式会社」(愛知県名古屋市)。カーム株式会社は、刀剣をはじめに茶器や書画、絵画、浮世絵など広範囲にわたる美術品を取り扱っている美術商です。

毎月数回業者間でのオークションを主催する他、一般の方に向けての販売や買い取り、質預かりなども請け負っているオールマイティな会社。美術倶楽部に所属している信頼のおける鑑定士によりオークションが開催されています。

刀剣商名(美術品買取店) カーム株式会社
所在地 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目35番44号カームアートビル 2F
電話番号 TEL:052-252-7777
FAX:052-259-7272
フリーダイヤル:0120-69-9911
交通アクセス

名古屋地下鉄

名城線「矢場町」駅
4番出口より徒歩 8分

鶴舞線「大須観音」駅
2番出口より徒歩約10分

東山線・鶴舞線「伏見」駅
5番出口より徒歩 約14分

名城線・東山線「栄」駅より
徒歩 約15分

駐車場 25台あり
営業時間 9~18時
定休日 不定休
公式サイト https://www.kahm-art.co.jp/

日本刀のオークション

日本刀のオークションをSNSでシェアする

「刀の基礎知識」の記事を読む


日本刀の書物

日本刀の書物
近年、ゲームや舞台、アニメなどの影響で若い世代が日本刀に魅了されるようになりました。そこで「日本刀鑑賞」と言えば、やはり日本刀を所蔵している美術館や博物館に出向くことを考える場合が多いかもしれません。しかし実物だけが日本刀の資料ではありません。書物として残される日本刀の記録も十分な価値を持っています。日本刀に関する本は、刀身や茎(なかご)を写した「押形」(おしがた)が有名ですが、刀剣についての和歌を収録した本や、試し斬りの実験結果をまとめた本など、たくさんの本が存在するのです。日本刀にまつわる書物と共に、その歴史を追っていきましょう。

日本刀の書物

日本刀の最高傑作

日本刀の最高傑作
古来より日本刀は、その美しさから、武具としてだけでなく、祭神具や贈答品、家宝としても扱われてきました。日本刀の価値は、その切れ味の鋭さや使い勝手の良さなど、武具としての評価以外にも、美しさや技巧などの芸術的な観点、由緒や伝来などの歴史的な側面からも評価されます。「最高傑作」と呼ばれる日本刀にはどのようなものがあるのか、最高傑作と呼ばれ、現在でも名高い日本刀を観ていきましょう。

日本刀の最高傑作

日本刀の歴史

日本刀の歴史
日本刀は、日本独自の製法で制作された、片刃の湾刀のこと。日本刀の刃文や堂々とした姿は観る者に独特の美を感じさせ、現在、美術品としての価値が世界で認められ、多くの人に注目されています。平安時代に武士が勃興したことにより、武具として扱われた日本刀が、現在のような文化的財産としての地位を高めたのはなぜなのか、日本刀の変革の歴史や役割の変化について見ていきましょう。

日本刀の歴史

刀の作り方

刀の作り方
日本刀とは、伝統的な日本独自の製法で作られた刀のこと。日本刀は、古来より専門の刀鍛冶によって作刀され、長い歴史の中でその技術は進化していきました。現在でも作刀技術は伝えられ、新しい刀も生み出されているのです。刀ができるまでの工程を紹介します。

刀の作り方

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い
刀剣には、「本歌」(本科)と呼ばれる原作刀工による原作刀剣の他に、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が存在する場合があります。本歌が優れていればいるほど、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が作られるとも言えるのです。「写し」、「贋作」、「レプリカ」とは何なのか。それぞれの違いや作られた目的、メリット(利点)、デメリット(欠点)についてご紹介します。

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

名刀が観られる博物館・美術館

名刀が観られる博物館・美術館
「日本刀」は、武器である面と美術品工芸品としての面を持ちます。国宝指定を受けている工芸品の約40%が刀剣類であり、その数は100点以上。それだけ日本刀が、貴重な美術工芸品として高く評価されていると言えるのではないでしょうか。しかし日本刀は国宝だけが素晴らしいわけではなく、そうでない日本刀にも伝来があり、所蔵者を渡り歩いた分の歴史を持ちます。そんな名刀を観覧することのできる博物館・美術館を見ていきましょう。

名刀が観られる博物館・美術館

日本刀ランキング

日本刀ランキング
刀剣ワールド財団には、太刀をはじめ、打刀、短刀、脇差など、様々な種類の日本刀が、時代を問わず所蔵されています。刀剣ワールド財団が所蔵している日本刀のなかでも、特に人気のある上位15位の日本刀を、ランキング形式で順番に観ていきましょう。

日本刀ランキング

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)
日本刀は、数ある刀剣類のなかでも最も見た目が美しいと評される刀です。また、漫画やゲームが好きな人であれば、「最強の武器」としての日本刀に大きな魅力を感じ、美術館などに赴いてその刀身(とうしん)を観るだけでもテンションが上がります。そして、日本刀の魅力はそれだけではありません。刀身をじっくり観れば、1振1振の形状が違ったり、その表面に美しい模様が付いていたりすることに気が付きます。人びとが日本刀に魅了される理由とは何か。日本刀の魅力を各部位の特徴と共にご紹介します。

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

剣とは

剣とは
「剣」(けん/つるぎ)とは、刀身(剣身)の両側に刃を備えた、反りのない刀剣の一種です。日本では、広い意味で「日本刀」のひとつに数えられます。両手で柄(つか)を持ち、主に突き刺すことにおいて威力を発揮。刃長は60cm以上と定義され、それより短く、片手で扱えるタイプは「短剣」です。日本でも古くから歴史に登場してきた剣ですが、平安時代中期に片刃で反りのある日本刀が刀剣の主流を占めるようになると、実戦で用いられることはほとんどなくなり、祭祀的な意味を持つ神社仏閣への奉納品として作刀されるようになりました。

剣とは