刀の基礎知識

剣とは

文字サイズ

「剣」(けん/つるぎ)とは、刀身(剣身)の両側に刃を備えた、反りのない刀剣の一種です。日本では、広い意味で「日本刀」のひとつに数えられます。両手で柄(つか)を持ち、主に突き刺すことにおいて威力を発揮。刃長は60cm以上と定義され、それより短く、片手で扱えるタイプは「短剣」です。日本でも古くから歴史に登場してきた剣ですが、平安時代中期に片刃で反りのある日本刀が刀剣の主流を占めるようになると、実戦で用いられることはほとんどなくなり、祭祀的な意味を持つ神社仏閣への奉納品として作刀されるようになりました。

神話に語られた太古の剣

日本で最も有名な3振の剣は、「神代三剣」(かみよさんけん)または「日本三霊剣」と呼ばれ、神話にも登場します。神代三剣は、神話のなかでどのように語られ、どんな神々が手にしたのでしょうか。

天羽々斬剣

「天羽々斬剣」(あめのはばきりのつるぎ)は、「スサノオノミコト」(素戔嗚尊/須佐之男命)が「ヤマタノオロチ」(八岐大蛇)を退治するときに使った剣です。「天十握剣」(あめのとつかのつるぎ)など多くの名称を持ち、柄だけでも拳10個分の長さ(約75.8~78.8cm)があると言われ、一撃で大海原を2つに割るほどの強力な破壊力を秘めていました。

現在は奈良県天理市の「石上神宮」(いそかみじんぐう)に祀られています。

草薙剣

天羽々斬剣によって切り刻まれたヤマタノオロチの尾から現われたのが「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)です。のちに「ヤマトタケル」(日本武尊)が燃え盛る草を薙ぎ払って窮地を脱したことから「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)と呼ばれるようになりました。

三種の神器」(さんしゅのじんぎ)のひとつとして知られる草薙剣は、現在愛知県名古屋市の「熱田神宮」にご神体として安置されていますが、その姿は誰も観ることができません。皇居(東京都千代田区)の「剣璽の間」(けんじのま)に安置されている草薙剣は、神聖な複製品である「形代」(かたしろ:神を祭るとき、神の代わりとして置く物)なのです。

天叢雲剣

天叢雲剣

布都御魂

布都御魂」(ふつのみたま)は、刀身の片側だけに刃のある直刀(ちょくとう)で、厳密には「上古刀」(じょうことう)と呼ばれる「大刀」(たち)ですが、剣とされています。

布都御魂の力は荒ぶる神を退け、剣を振るわずとも悪神を斬り伏せることができるほどで、この剣を手にした「神武天皇」(じんむてんのう)は、戦によって乱れた地上世界を平定し、日本国を建国。初代天皇として即位しました。

現在、布都御魂は石上神宮の御神体となっています。石上神宮の祭神である「布都御魂大神」(ふつのみたまおおかみ)は、布都御魂の霊魂であると伝えられているのです。

国宝指定の剣

七星剣

七星剣」(しちせいけん)は、中国の道教思想を基本とする北斗七星の意匠が施された刀剣全体を指し、数振が現存しています。

そのなかで国宝に指定されているのは、大阪府大阪市天王寺区にある「四天王寺」(してんのうじ)が所蔵し、現在「東京国立博物館」(東京都台東区)に寄託されている七星剣で、「聖徳太子」が佩用(はいよう)していました。

布都御魂と同じ片刃の直刀であり、刀身には北斗七星の他に、「三星文」(さんせいもん:七夕の織女星)や「雲形文」、「青龍」、「白虎」などが刻まれています。いずれも、宇宙の中心である「北極星」(天帝)を守るという意味を持つ意匠です。

七星剣
七星剣
鑑定区分
国宝
刃長
62.4
所蔵・伝来
聖徳太子 →
四天王寺
七星剣
「七星剣」など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。
東京国立博物館に刀剣を観に行こう!
刀剣をはじめ貴重なコレクションが豊富な国内で最も長い歴史をもつ博物館をご紹介します。

丙子椒林剣

丙子椒林剣」(へいししょうりんけん)もまた片刃の直刀で、現在四天王寺が所蔵しています。刀身のに近い平地(ひらじ)に隷書体(れいしょたい)で「丙子椒林」の4文字が金象嵌(きんぞうがん)で記されていることから名付けられました。「丙子」は干支のひとつ、「椒林」は刀工の名とされ、中国で7世紀頃に作られたと推測されています。七星剣と同じく聖徳太子が佩用していたとの説が有力です。

一方、「蘇我馬子」(そがのうまこ)の子である「蘇我蝦夷」(そがのえみし)が所有していたとの説もあり、蘇我氏と対立関係にあった「物部守屋」(もののべのもりや)の首をはねたのは、この丙子椒林剣であるとも言われています。

丙子椒林剣
丙子椒林剣
鑑定区分
国宝
刃長
65.8
所蔵・伝来
聖徳太子 →
四天王寺
丙子椒林剣
「丙子椒林剣」など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

白山吉光

「白山吉光」(はくさんよしみつ)を手掛けた刀工は、短刀の名手として知られる「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)。鎌倉時代に山城国(現在の京都府)で活躍した、「粟田口派」を代表する名工です。

白山吉光は、1633年(寛永10年)12月に3代将軍「徳川家光」の養女「大姫」(おおひめ)が、加賀藩(現在の石川県富山県)3代藩主「前田光高」(まえだみつたか)のもとへ輿入れする際に持参しました。刃長が約23cmと小振りながら整った姿が美しく、大姫の守り刀として婚礼道具に含まれていたと考えられます。

大姫が没したのち、子の4代藩主「前田綱紀」(まえだつなのり)が母の冥福を祈念して「白山比咩神社」(しらやまひめじんじゃ:石川県白山市)へ奉納。現在も白山比咩神社が所蔵し、「石川県立美術館」(石川県金沢市)に寄託されています。

白山吉光

白山吉光

刀剣ワールド財団が所蔵する剣

「刀剣ワールド財団」が所蔵する剣のなかから、寺社への奉納品として作られた江戸時代前期の作品と、宇宙にゆかりのある平成の作品をご紹介。どちらも際立った特色を持つ、個性的な剣となっています。

剣 銘 肥前国住近江大掾藤原忠廣作

「近江大掾藤原忠廣」(おうみだいじょうふじわらただひろ)は、「肥前刀」(ひぜんとう)の名工である父「初代忠吉」(ただよし)に学び、80歳で没する直前まで作刀を続け、多くの優れた作品を残しました。

本剣は、刀身の表側に太樋(ふとひ)と神号(しんごう:神の称号、または神の格式を示す呼び名)「天照皇太神」(あまてらすすめおおかみ)の彫があり、寺社への奉納品であったと考えられています。天照皇太神は、日本神話の主神である「天照大神」(あまてらすおおみかみ)のことを指し、「伊勢神宮」(三重県伊勢市)にて用いられる神名です。

裏側の(なかご)には、作者と年紀銘が記され、「辛巳」(かのとみ/しんし)という「十干十二支」(じっかんじゅうにし)も見られます。元号だけでなく、60年で一巡する十干十二支を組み合わせることで、作刀年が分かりやすくなっているのも特徴的です。

剣 銘 肥前国住近江大掾藤原忠廣作
剣 銘 肥前国住近江大掾藤原忠廣作
肥前国住近江大掾藤原忠廣作
寛文元年辛巳閏
八月吉日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
40.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

剣 銘 以隕鉄弘邦造(広木弘邦)平成十年春

本剣「以隕鉄弘邦造」(いんてつをもってひろくにつくる)の作刀者である「広木弘邦」(ひろきひろくに)刀匠は、父である「広木国広」刀匠に学んだのち、重要無形文化財保持者(人間国宝)の「隅谷正峯」(すみたにまさみね)刀匠に師事。1996年(平成8年)には「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」の「無鑑査」に認定されました。

本剣は、隕石の一種である「隕鉄」(いんてつ)を素材とした珍しい作品です。隕鉄の成分は鉄とニッケルの合金ですが、地球上の鉄にはニッケルがほとんど含まれていません。日本刀の材料となる「玉鋼」(たまはがね)とは異なり、隕鉄はやわらかく扱いが難しいため、刀匠には高い技術力と経験が要求されます。さらに、隕鉄は含有する炭素量が非常に少ないことから、刀身に焼きが入りません。そこで、本剣では研磨の手法で刃文状の白い刃が表現されました。

また、地肌に現われている模様は、鉄・ニッケル合金ならではの特徴です。隕鉄は100万年で1℃という、気の遠くなるような年月をかけて冷却されるためにニッケルが結晶化。それが模様となって独特の味わいを醸し出しているのです。

剣 銘 以隕鉄弘邦造(広木弘邦)平成十年春
剣 銘 以隕鉄弘邦造(広木弘邦)平成十年春
以隕鉄弘邦造
平成十年春
鑑定区分
保存刀剣
刃長
49
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
日本美術刀剣保存協会
「日本美術刀剣保存協会」は、日本国の文化財の保護と文化の普及振興に寄与することを目的として活動しています。
現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。
小刀百人一首
広木弘邦刀匠が巧みに鏨(たがね)を使い、和歌を小刀に刻んだ百人一首をご紹介します。

剣とは

剣とはをSNSでシェアする

「刀の基礎知識」の記事を読む


日本刀の書物

日本刀の書物
近年、ゲームや舞台、アニメなどの影響で若い世代が日本刀に魅了されるようになりました。そこで「日本刀鑑賞」と言えば、やはり日本刀を所蔵している美術館や博物館に出向くことを考える場合が多いかもしれません。しかし実物だけが日本刀の資料ではありません。書物として残される日本刀の記録も十分な価値を持っています。日本刀に関する本は、刀身や茎(なかご)を写した「押形」(おしがた)が有名ですが、刀剣についての和歌を収録した本や、試し斬りの実験結果をまとめた本など、たくさんの本が存在するのです。日本刀にまつわる書物と共に、その歴史を追っていきましょう。

日本刀の書物

日本刀の最高傑作

日本刀の最高傑作
古来より日本刀は、その美しさから、武具としてだけでなく、祭神具や贈答品、家宝としても扱われてきました。日本刀の価値は、その切れ味の鋭さや使い勝手の良さなど、武具としての評価以外にも、美しさや技巧などの芸術的な観点、由緒や伝来などの歴史的な側面からも評価されます。「最高傑作」と呼ばれる日本刀にはどのようなものがあるのか、最高傑作と呼ばれ、現在でも名高い日本刀を観ていきましょう。

日本刀の最高傑作

日本刀の歴史

日本刀の歴史
日本刀は、日本独自の製法で制作された、片刃の湾刀のこと。日本刀の刃文や堂々とした姿は観る者に独特の美を感じさせ、現在、美術品としての価値が世界で認められ、多くの人に注目されています。平安時代に武士が勃興したことにより、武具として扱われた日本刀が、現在のような文化的財産としての地位を高めたのはなぜなのか、日本刀の変革の歴史や役割の変化について見ていきましょう。

日本刀の歴史

刀の作り方

刀の作り方
日本刀とは、伝統的な日本独自の製法で作られた刀のこと。日本刀は、古来より専門の刀鍛冶によって作刀され、長い歴史の中でその技術は進化していきました。現在でも作刀技術は伝えられ、新しい刀も生み出されているのです。刀ができるまでの工程を紹介します。

刀の作り方

日本刀のオークション

日本刀のオークション
刀剣に興味を持つと、観ているだけではなく、自身でも持ってみたくなるもの。一方で、刀剣を所持しているけれど、管理に困り、売却やオークションでの出品などを考えている方もいます。その場合、刀剣のオークションはいったいどこで開催しているのだろう、と考える人も少なくないでしょう。そうした方々に向けて、ここでは日本刀のオークションに関する情報について解説。また、オークションについて詳しいお話を聞かせて下さったオークション会社「カーム株式会社」についてご紹介します。

日本刀のオークション

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い
刀剣には、「本歌」(本科)と呼ばれる原作刀工による原作刀剣の他に、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が存在する場合があります。本歌が優れていればいるほど、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が作られるとも言えるのです。「写し」、「贋作」、「レプリカ」とは何なのか。それぞれの違いや作られた目的、メリット(利点)、デメリット(欠点)についてご紹介します。

刀の「写し」、「贋作」、「レプリカ」の違い

名刀が観られる博物館・美術館

名刀が観られる博物館・美術館
「日本刀」は、武器である面と美術品工芸品としての面を持ちます。国宝指定を受けている工芸品の約40%が刀剣類であり、その数は100点以上。それだけ日本刀が、貴重な美術工芸品として高く評価されていると言えるのではないでしょうか。しかし日本刀は国宝だけが素晴らしいわけではなく、そうでない日本刀にも伝来があり、所蔵者を渡り歩いた分の歴史を持ちます。そんな名刀を観覧することのできる博物館・美術館を見ていきましょう。

名刀が観られる博物館・美術館

日本刀ランキング

日本刀ランキング
刀剣ワールド財団には、太刀をはじめ、打刀、短刀、脇差など、様々な種類の日本刀が、時代を問わず所蔵されています。刀剣ワールド財団が所蔵している日本刀のなかでも、特に人気のある上位15位の日本刀を、ランキング形式で順番に観ていきましょう。

日本刀ランキング

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)
日本刀は、数ある刀剣類のなかでも最も見た目が美しいと評される刀です。また、漫画やゲームが好きな人であれば、「最強の武器」としての日本刀に大きな魅力を感じ、美術館などに赴いてその刀身(とうしん)を観るだけでもテンションが上がります。そして、日本刀の魅力はそれだけではありません。刀身をじっくり観れば、1振1振の形状が違ったり、その表面に美しい模様が付いていたりすることに気が付きます。人びとが日本刀に魅了される理由とは何か。日本刀の魅力を各部位の特徴と共にご紹介します。

刀の魅力(姿・刃文・地鉄)