刀は武器として活躍しながらも、その美しさから美術品や「守り刀」という面を持ち合わせています。歴史ファンから人気の人物や有名な武将たちも、それぞれ名刀を所持していました。「刀の基本情報」では、そんな刀についての情報を幅広く解説しています。内容は「日本刀の歴史」をはじめ、刀剣ワールド財団所蔵の日本刀人気ランキングや、部位の名称や刃文の種類といった「刀の魅力」、「名刀が見られる博物館・美術館」の紹介など情報が盛りだくさん。名刀の写真・画像も合わせてご覧頂けます。

「剣」(けん/つるぎ)とは、刀身(剣身)の両側に刃を備えた、反りのない刀剣の一種です。日本では、広い意味で「日本刀」のひとつに数えられます。両手で柄(つか)を持ち、主に突き刺すことにおいて威力を発揮。刃長は60cm以上と定義され、それより短く、片手で扱えるタイプは「短剣」です。日本でも古くから歴史に登場してきた剣ですが、平安時代中期に片刃で反りのある日本刀が刀剣の主流を占めるようになると、実戦で用いられることはほとんどなくなり、祭祀的な意味を持つ神社仏閣への奉納品として作刀されるようになりました。

日本刀は、日本独自の製法で制作された、片刃の湾刀のこと。日本刀の刃文や堂々とした姿は観る者に独特の美を感じさせ、現在、美術品としての価値が世界で認められ、多くの人に注目されています。平安時代に武士が勃興したことにより、武具として扱われた日本刀が、現在のような文化的財産としての地位を高めたのはなぜなのか、日本刀の変革の歴史や役割の変化について見ていきましょう。

日本刀は、数ある刀剣類のなかでも最も見た目が美しいと評される刀です。また、漫画やゲームが好きな人であれば、「最強の武器」としての日本刀に大きな魅力を感じ、美術館などに赴いてその刀身(とうしん)を観るだけでもテンションが上がります。そして、日本刀の魅力はそれだけではありません。刀身をじっくり観れば、1振1振の形状が違ったり、その表面に美しい模様が付いていたりすることに気が付きます。人びとが日本刀に魅了される理由とは何か。日本刀の魅力を各部位の特徴と共にご紹介します。

刀剣の流派

刀剣の流派

近日公開

日本刀とは、伝統的な日本独自の製法で作られた刀のこと。日本刀は、古来より専門の刀鍛冶によって作刀され、長い歴史の中でその技術は進化していきました。現在でも作刀技術は伝えられ、新しい刀も生み出されているのです。刀ができるまでの工程を紹介します。

近年、ゲームや舞台、アニメなどの影響で若い世代が日本刀に魅了されるようになりました。そこで「日本刀鑑賞」と言えば、やはり日本刀を所蔵している美術館や博物館に出向くことを考える場合が多いかもしれません。しかし実物だけが日本刀の資料ではありません。書物として残される日本刀の記録も十分な価値を持っています。日本刀に関する本は、刀身や茎(なかご)を写した「押形」(おしがた)が有名ですが、刀剣についての和歌を収録した本や、試し斬りの実験結果をまとめた本など、たくさんの本が存在するのです。日本刀にまつわる書物と共に、その歴史を追っていきましょう。

刀剣には、「本歌」(本科)と呼ばれる原作刀工による原作刀剣の他に、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が存在する場合があります。本歌が優れていればいるほど、「写し」、「贋作」、「レプリカ」が作られるとも言えるのです。「写し」、「贋作」、「レプリカ」とは何なのか。それぞれの違いや作られた目的、メリット(利点)、デメリット(欠点)についてご紹介します。

「日本刀」のオークションは、いったいどこで開催しているのだろうと、日本刀に興味を持っている人ならば1度は頭をよぎるかもしれません。そして、日本刀に興味を持つと観ているだけではなく、自身でも持ってみたくなるものです。また、日本刀を所持しているけれど、管理に困り売却やオークションでの出品などを考えている方もいるかもしれません。そうした方々に向けて、日本刀のオークションに関する情報について解説します。

古来より日本刀は、その美しさから、武具としてだけでなく、祭神具や贈答品、家宝としても扱われてきました。日本刀の価値は、その切れ味の鋭さや使い勝手の良さなど、武具としての評価以外にも、美しさや技巧などの芸術的な観点、由緒や伝来などの歴史的な側面からも評価されます。「最高傑作」と呼ばれる日本刀にはどのようなものがあるのか、最高傑作と呼ばれ、現在でも名高い日本刀を観ていきましょう。

刀剣ワールド財団には、太刀をはじめ、打刀、短刀、脇差など、様々な種類の日本刀が、時代を問わず所蔵されています。刀剣ワールド財団が所蔵している日本刀のなかでも、特に人気のある上位15位の日本刀を、ランキング形式で順番に観ていきましょう。

「日本刀」は、武器である面と美術品工芸品としての面を持ちます。国宝指定を受けている工芸品の約40%が刀剣類であり、その数は100点以上。それだけ日本刀が、貴重な美術工芸品として高く評価されていると言えるのではないでしょうか。しかし日本刀は国宝だけが素晴らしいわけではなく、そうでない日本刀にも伝来があり、所蔵者を渡り歩いた分の歴史を持ちます。そんな名刀を観覧することのできる博物館・美術館を見ていきましょう。

spacer
  • 刀剣の基礎知識
    刀剣に関する基礎知識から、刀にまつわる歴史など、刀剣情報を幅広くご紹介します。
  • 刀剣・日本刀写真/画像
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣・日本刀写真/画像
    国宝や重要文化財など、美術的に価値の高い刀剣が動画で鑑賞できます。
  • 刀剣写真ランキング
    アクセス数の多い順にランキング形式で、刀剣写真をご紹介します。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。
  • 刀剣の基本
    刀剣の種類や鑑賞方法など、刀剣に関する基礎知識をカテゴリ別にご紹介します。
  • バーチャル刀剣博物館 刀剣ワールド
    刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
  • 名古屋刀剣博物館名古屋刀剣ワールド(メーハク)
    愛知県名古屋市中区栄の名古屋刀剣ワールドでは、刀剣の魅力を存分にお楽しみ頂けます!

三重県桑名市多度町にある「刀剣コレクション桑名・多度」は、2020年6月開館(延期)の名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)に先立ち、「ホテル多度温泉」内に開館致しました。
「刀の基本情報」では、日本刀の歴史や人気の日本刀ランキング、刀の作り方、刃文・姿・地鉄といった日本刀の魅力など、刀についての情報を豊富にご紹介。有名な刀の写真・画像も掲載しています。
「刀剣コレクション桑名・多度」では、刀剣をはじめ、甲冑、薙刀、火縄銃といった様々な武具が集められており、そのすべてをどなたでも無料でご覧頂くことができます。他にも、なかなか観ることのできない、「動く御殿」とも呼べる絢爛豪華な女乗物も展示中です。
ぜひ一度、 「刀剣コレクション桑名・多度」へご来館下さい。

もっと見る▼